NEW

JRA菊花賞(G1)エポカドーロより推したい「アイツ」で確実馬券!? 競馬女王桃井はるこVS天才馬券アイドル楠原安里梨がバチバチ!【スペシャル対談】

【この記事のキーワード】, ,
JRA菊花賞(G1)エポカドーロより推したい「アイツ」で確実馬券!? 競馬女王桃井はるこVS天才馬券アイドル楠原安里梨がバチバチ!【スペシャル対談】の画像1

 21日に京都競馬場で3歳牡馬クラシックの最終戦、菊花賞(G1、芝3000m)が開催される。ダービー馬は不在なものの、今年も最後の1冠を戴冠すべく素質馬がずらりと集結した。この菊花賞を読み解くべく、今回はGJレギュラーである桃井はるこさんと楠原安里梨さんの対談を企画! ふたりの競馬アイドルは、どの馬が菊花賞を制すと考えているのだろうか?

――記念すべき初対談となります。

桃井はるこ:面白い試みですよね! 私は、GJに掲載されている楠原さんの記事も読んでいるんですが、馬券がよく当たってるってずっと思ってたんですよ。私は、応援する馬が負けることも多いからなぁ。

楠原安里梨:そんなこともないですよ! たまたまです。私も桃井さんの記事を読んでいると、知識がすごいっていつも感心しているんです。

桃井はるこ:いやいや~。それほどでもないですよ~。あと、おじいちゃんが予想屋っていうのもすごいですよね。

楠原安里梨:予想屋で大きく成功して、そこから宝石商になったみたいなんです。

桃井はるこ:馬券で成功して転身したのがすごーい。先週の秋華賞(G1)では、私が応援した馬は残念な結果に終わったんですが、楠原さんは当たったんですよね? 記事以外でもSNSでよく的中報告していますが、どうやって馬を選んでいるんですか?

楠原安里梨:秋華賞は、アーモンドアイから2頭流したのが全部当たりました! 普段は競馬新聞を見ながら、タイム指数、調教、『ここを勝たないと次が苦しいな』とか、そういうのを総合的に見て決めています。また競馬場に行ったときはパドックを見ています。

――そのときに馬が光って見えることもあるそうですね。

桃井はるこ:おお~っ。おじいさんが教えてくれているのかな!? 知識もあり、オカルトまで網羅、そして高的中率! 本当にスキがない~。

楠原安里梨:えへへへ(笑)。私は堅い予想になることが多いから、たまたまそうなっているだけですよ。

――その一方、桃井さんはあまり人気しない馬が上位に来るという、非常に夢があるお話をされることが多いですね。

桃井はるこ:せっかく見るなら、大きな夢を見たいんですよ!

楠原安里梨:そっちの方が楽しそうです。穴馬のほうが当たったときの喜びが大きいですよね。

桃井はるこ:人気薄の馬を信じることができた人だけがもらえるご褒美って感じがありますから!!

JRA菊花賞(G1)エポカドーロより推したい「アイツ」で確実馬券!? 競馬女王桃井はるこVS天才馬券アイドル楠原安里梨がバチバチ!【スペシャル対談】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声