NEW

JRA「三冠達成」アーモンドアイは過去の三冠牝馬より上なのか。ジェンティルドンナとの比較は……

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「三冠達成」アーモンドアイは過去の三冠牝馬より上なのか。ジェンティルドンナとの比較は......の画像1

 アーモンドアイが史上5頭目となる牝馬三冠を達成した。過去に三冠馬となったのはメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、そしてアーモンドアイ。どれも歴史的名牝だが、この女傑らの中でアーモンドアイはどれくらいのレベルにあるのだろうか。

 ジャパンカップを連覇したジェンティルドンナのように、牡馬相手にでも破格の快進撃を見せるのか。それともスティルインラブのように燃え尽きて大敗を繰り返してしまうのか。これまでの成績から過去の三冠馬と比較し、その実力と今後の可能性を探ってみた。

 なお成績の比較のため、秋華賞設立以前に三冠馬となったメジロラモーヌは除外。さらにスティルインラブの桜花賞は、阪神競馬場改修工事前の成績であることを踏まえて検証するので、ご了承いただきたい。まずは純粋にレースの勝ち時計を見ていこう。

■桜花賞(阪神・芝1600m)

アーモンドアイ   1分33秒1

スティルインラブ  1分33秒9
アパパネ      1分33秒3
ジェンティルドンナ 1分34秒6

■オークス(東京・芝2400m)

アーモンドアイ   2分23秒8

スティルインラブ  2分27秒5
アパパネ      2分29秒9
ジェンティルドンナ 2分23秒6

■秋華賞(京都・芝2000m)

アーモンドアイ   1分58秒5

スティルインラブ  1分59秒1
アパパネ      1分58秒4
ジェンティルドンナ 2分00秒4

 馬場(アパパネのオークスのみ稍重で他はすべて良馬場)やペースの差はあれど、どのレースでもトップクラスの勝ち時計を記録するアーモンドアイはさすがだ。しかも他の3頭はチューリップ賞とローズSのトライアルレースを使ってのもの。アーモンドアイの桜花賞と秋華賞は休み明けのレースであり、その価値は大きい。次に上記3レースで記録した上がり3ハロンとその平均を見てみよう。

JRA「三冠達成」アーモンドアイは過去の三冠牝馬より上なのか。ジェンティルドンナとの比較は……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ