NEW

JRA菊花賞(G1)「逃げ宣言」ジェネラーレウーノの状態は......田辺裕信騎手の「さらなる飛躍」へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA菊花賞(G1)「逃げ宣言」ジェネラーレウーノの状態は......田辺裕信騎手の「さらなる飛躍」への画像1

「あとは逃げるだけです。逃げますよ(笑)!」

 こう高らかに「競馬ラボ」の取材で"逃げ宣言"したのはジェネラーレウーノ(美浦)を管理している矢野英一調教師だ。世代屈指の逃げ馬が、21日に行われる菊花賞(G1)でしたたかに勝利を狙う。

 ジェネラーレウーノは全7戦中デビュー戦以外では1、2番手につけて結果を残してきた。皐月賞(G1)も前で粘り3着と好走。3連単372,080円という高配当の立役者となっている。だが、日本ダービー(G1)ではパドックなどから入れ込んでいる姿が目立ち、ペースを掴みきれずに自滅。16着と下位に沈んだ。

 秋はセントライト記念(G2)から始動。逃げをうったタニノフランケルを尻目にジェネラーレウーノは離れた2番手につける。残り200mを切った辺りで力強く抜け出して先頭に立つと、後方から快足を飛ばしてきたレイエンダ、グレイルらの追撃を抑えて勝利。今後に期待を抱かせる強い競馬を見せた。

「闘争心があり前進気勢も強いようですね。日本ダービーではそれが裏目に出て入れ込みすぎてしまい、レースでは引っかかったようでした。しかし、前走では落ち着いて本来の自身の走りを見せてきっちり勝利を掴み取っています。

 菊花賞で陣営は逃げを宣言。ですが、今回は前で競馬をする馬も多く、さらに菊花賞では逃げた馬はあまり結果を残せていません。宣言して他の陣営を牽制しつつ、前走と同様、離れた2、3番手につけて機をうかがうという競馬をする可能性もあるでしょうね。この形を作ることができれば、チャンスも巡ってくるのでは」(競馬記者)

 菊戴冠を目指し、初の関西遠征を行ったジェネラーレウーノ。陣営は長距離輸送の影響を懸念して一週前の栗東入りを決断。影響を最小限に留めるよう苦心している。

JRA菊花賞(G1)「逃げ宣言」ジェネラーレウーノの状態は......田辺裕信騎手の「さらなる飛躍」へのページです。GJは、競馬、ジェネラーレウーノ田辺裕信菊花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!