NEW

武豊「乗り替わり」エアスピネルに不安多め? 状態微妙で福永祐一次第か……

【この記事のキーワード】, ,
武豊「乗り替わり」エアスピネルに不安多め? 状態微妙で福永祐一次第か......の画像1

 20日に東京競馬場で開催される富士S(G3)。例年同様混戦模様となっている。大手競馬サイト「netkeiba.com」にて昨年のマイルCSを制したペルシアンナイトを退けて予想オッズ1番人気(17日22時現在)となっているのはエアスピネル(牡5、栗東・笹田)だ。

 昨年のこのレースを含む重賞3勝、G1競走2着2回など実力に関しては申し分ないのだが、主戦の武豊騎手が今回同レースのジャンダルムに騎乗するため、福永騎手に乗り替わりとなることが発表されている。しかし、そのジャンダルムはG2勝ちがあるとはいえここ2戦は9・17着と良いところを見せられていない。この混戦を解く鍵は乗り替わりの裏にあるかもしれない。

 エアスピネルもジャンダルムも大目標はマイルCSではあるが、ジャンダルムはこのままでは出走に必要な収得賞金が足りず除外となる可能性が高い。

今後のことを考えるとエアスピネルに乗っておくのが賢明と思えるが、「恐らくジャンダルムを取ったと言うより『前田幸治オーナーと池江泰寿調教師』を取ったということでしょう。前田幸治オーナーはこの前凱旋門賞に出走したばかりのクリンチャーをはじめアウォーディーやベルカントなど、生産者としてもキズナやラニと武豊騎手も頭が上がらない存在。池江泰寿調教師も言わずと知れた名伯楽であり、ここ最近は武豊騎手の騎乗回数が増加するなど関係を強めています」(競馬関係者)とのようだ。

 一方の福永騎手だが、先月の落馬負傷により神戸新聞杯のワグネリアンなど乗り替わりとなったのは記憶に新しい。今月3日から復帰したばかりだが、そのワグネリアンが天皇賞(秋)を回避するなどどこか運に見放されたようにも見える。また、マイルCSではお手馬のサングレーザーに騎乗予定のためエアスピネルは今回限りとなる模様で、ここで積極的な騎乗もしにくいだろう。

武豊「乗り替わり」エアスピネルに不安多め? 状態微妙で福永祐一次第か……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!