NEW

JRA菊花賞(G1)ルメール×フィエールマン「凶暴な鬼脚」が混戦を一刀両断か……「モノが違う」そのポテンシャル

【この記事のキーワード】, , ,
JRA菊花賞(G1)ルメール×フィエールマン「凶暴な鬼脚」が混戦を一刀両断か......「モノが違う」そのポテンシャルの画像1

 秋も深まり、馬産地である北海道の一部では10月半ばにもかかわらず、一足早く冬景色が広がったようだ。さて、今週末は、3歳牡馬クラシック最終戦である菊花賞(G1)が京都競馬場で行われる。

 今回の菊花賞、神戸新聞杯を貫禄勝ちしたダービー馬ワグネリアンは中距離路線を選択。となれば、ダービー2着・皐月賞馬のエポカドーロが押し出された1番人気になるのか?と思いきや、中間の予想オッズでは、3F33.9の豪脚を駆使してワグネリアンを追い詰めた、神戸新聞杯2着のエタリオウが1番人気。いずれにしても難解な、大混戦の菊花賞となりそうだ。

 さて、難解なレースでは1頭1頭の臨戦過程や近況は重要だ。当欄ではサンデーレーシング所属のフィエールマン(3歳牡 美浦・手塚貴久厩舎)をピックアップする。

 フィエールマンを管理する手塚貴久調教師は54歳。毎年、重賞を含む30勝前後する関東の中堅トレーナー。同師の管理馬からは過去、朝日FS(G1)勝ちのアルフレードやアジアエクスプレスなどがいるものの、預託馬の多くが社台・ノーザンファーム生産主体ということを考えると、ことG1戦線では華やかさにか欠ける目立たない厩舎でもある。

 そんな厩舎であるが、菊花賞に1頭の馬を送り出す。ディープインパクト産駒のフィエールマンだ。同馬は体質もあってデビューが年明け1月と遅かった馬。

 しかしながら、デビュー前の調教に跨っていた石橋脩騎手からは「モノが違いますよ」と絶賛されていた。その評価通り新馬戦を快勝すると、2戦目の山藤賞も後方一気の競馬で勝利したが、体質やローテーションの関係もあり、ダービートライアルには間に合わなかった。

JRA菊花賞(G1)ルメール×フィエールマン「凶暴な鬼脚」が混戦を一刀両断か……「モノが違う」そのポテンシャルのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?