NEW

パチスロ『6号機・番長』に続く「超大物」のウワサ......業界の先駆者「次なる一手」とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 他社にないオリジナリティを有し、斬新なアイデア・システムを生み出してきた大都技研。

 パチスロ界の「先駆者」と評されるヒットメーカーは、大人気コンテンツ『番長』シリーズを6号機第1弾として投入した。注目の『HEY!鏡』はデビューより高い稼働を実現。上々のスタートを切ったと言えるだろう。

 そんな話題作を披露したヒットメーカーの「次なる一手」が判明? 今回は絶賛稼働中の『HEY!鏡』の魅力と、浮上している「次機種」に関する情報をご紹介したい。

『HEY!鏡』(大都技研)

パチスロ『6号機・番長』に続く「超大物」のウワサ......業界の先駆者「次なる一手」とはの画像1
大都技研HP」より

 本機最大のポイントは、やはり「純増5.0枚」となる驚異のAT性能。主に疑似ボーナス「JET BONUS」とベルナビ回数管理のAT「慶志郎チャンス」で出玉を増やすゲーム性となっている。

 ボーナス・AT終了後は必ず「ドライブゾーン」に突入。このゾーン中は「慶志郎チャンス」の引き戻し区間で、モードによって管理されている。上位ステージもしくはレア役を引くことできれば大チャンスだ。

 通常時も注目したいポイント。本機は「ゾーン」「天井」の役割を果たす「HEYカウンター」を搭載している。毎Gもしくは特定の条件で"HEYメーター"が増えていき、ゾーン内に到達すればお馴染みの前兆演出「特訓」が発生。演出成功で「JET BONUS」「慶志郎チャンス」が確定する。

パチスロ『6号機・番長』に続く「超大物」のウワサ......業界の先駆者「次なる一手」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機HEY!鏡パチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!