NEW

JRA新馬「2億8000万円」サトノジェネシス降臨! 「マルペンサ最後の仔」不安は馬よりモレイラ?

JRA新馬「2億8000万円」サトノジェネシス降臨! 「マルペンサ最後の仔」不安は馬よりモレイラ?の画像1

 2歳世代の「真打ち」登場か。

 20日の東京5Rに、G1・2勝のサトノダイヤモンドの全弟サトノジェネシス(牡2 美浦・堀宣行厩舎)がデビュー。大きな注目を浴びている。

 父はいわずもがなのチャンピオンサイアー・ディープインパクト、母はアルゼンチンの名牝マルペンサ。3つ上の兄であり、一昨年のクラシックですべて馬券圏を確保し菊花賞を制したサトノダイヤモンドは、同年の有馬記念も制している。ここ1年は海外遠征の失敗などもあり低迷したが、9月の京都大賞典(G2)で久々の勝利を手にし、今秋再び覇権を奪いに行く強豪だ。

 サトノジェネシスは2016年のセレクトセール当歳部門で2億8000万円の値がついた。サトノダイヤモンドの活躍が金額を押し上げた部分もあるだろう。サトミホースカンパニー(里見治氏)としても、何が何でも手に入れたかった気持ちがうかがえる。

 サトノジェネシスがこれだけ注目を浴びるのも「父ディープインパクト」がやはり大きい。サトノダイヤモンドとサトノジェネシスの間にはリナーテ(通算5勝)、マルケッサ(未勝利、引退)と2頭の牝馬がいたが、サトノダイヤモンドの活躍と比較すると差は否めない。ただ、リナーテの父はステイゴールド、マルケッサの父はオルフェーヴルと種牡馬を替えていた。ディープ×マルペンサに戻るということで、サトノジェネシスへの期待が大きくなるのも当然だ。

「16年、母マルペンサは腸捻転のため10歳の若さで死んでしまいました。サトノジェネシスは同馬最後の産駒ということで、関係者もファンも飛躍を期待しています。サトノダイヤモンドのように、2歳時から競馬界を揺るがすようなパフォーマンスを見せてほしいです。

JRA新馬「2億8000万円」サトノジェネシス降臨! 「マルペンサ最後の仔」不安は馬よりモレイラ?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?