NEW

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手

【この記事のキーワード】, ,

 21日に京都競馬場で開催される牡馬クラシック最終戦・菊花賞(G1)。今年は、ダービー馬ワグネリアンが不在ということもあり、大混戦の様相を呈している。

 今回は大一番を前に栗東から届けられた有力情報からピックアップした注目すべき出走馬をご紹介しよう。

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手の画像1

 今年の菊花賞で有力視されている1頭であるエタリオウ(友道康夫厩舎)。8戦して未勝利戦1勝にとどまっているものの、青葉賞(G2)2着、日本ダービー(G1)4着、神戸新聞杯(G2)2着と惜しい競馬を続けている。それだけにここにかける思いも強いはずだ。

 しかし、不安も残る。17日にはアドマイヤデジタル、エタリオウ、レースで騎乗する武豊騎手を背にしたユーキャンスマイルの隊列で最終追い切り。スムーズに折り合いをつけて、6F83秒4~1F11秒7の好タイムを記録するも先着したのはユーキャンスマイル。エタリオウはアタマ差遅れてしまった。

「武豊騎手が騎乗した本番仕様のユーキャンスマイルと助手が乗っているエタリオウとでは差が出て当然。管理する友道調教師も『問題ないと思う』と涼しい顔をしていましたよ。

 春先まで見せていた口向き、気性の難しさも成長と厩舎スタッフの手厚いケアで改善しつつあるようです。以前までは追われると過剰反応していまい、折り合いを欠いてしまうところがありましたが、厩舎スタッフは『落ち着いてきて、いい意味で長距離馬っぽい感じになってきた』と話していました」(栗東担当A)

 これまで”勝ち味に遅い”といわれてきたエタリオウだが、大輪の花を咲かせることができるだろうか?

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?