NEW

JRA天皇賞・秋(G1)ステファノス「馬券圏濃厚のジンクス」名手オドノヒューで高額配当の使者に!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA天皇賞・秋(G1)ステファノス「馬券圏濃厚のジンクス」名手オドノヒューで高額配当の使者に!?の画像1

 28日、東京競馬場で開催される天皇賞・秋(G1、芝2000m)に古豪・ステファノス(牡7歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、短期免許で来日予定のコルム・オドノヒュー騎手との新コンビで出走を予定している。

 これまでは重賞で、人気薄ながらも馬券圏内に食い込む好走を見せることもあったステファノス。だが今年に入ってからは3番人気支持された新潟大賞典(G3)で11着と惨敗し、宝塚記念(G1)でも7着と春はいいところなしに終わっていた。

しかし、前走の毎日王冠(G2)では福永祐一騎手にうながされて2番手につけると、最後の直線でもしぶとく粘り、8番人気ながら4着と久々に掲示板に載る好走を見せた。レース後に福永騎手は想定のポジションにつけることができたといい「時計が速いなか頑張ってくれたが、抜け出せそうで抜け切れなかった」と振り返っている。

「以前までステファノスは中団後方で脚をため、最後の直線で末脚を発揮する競馬が多かったです。しかし、瞬発力が加齢とともに失われており、後ろからまくることは難しくなっているみたいですね。

それでも長くよく伸びる脚は未だ健在なため、最近ははじめから前で競馬をすると好走する傾向にあるみたいです。好スタートを切ることができれば上位進出もあり得るかもしれません」(競馬記者)

 ステファノスも長きにわたるキャリアの中で、勝つために試行錯誤しているのかもしれない。今回はそのステファノスには、オドノヒュー騎手が騎乗する予定となっている。

JRA天皇賞・秋(G1)ステファノス「馬券圏濃厚のジンクス」名手オドノヒューで高額配当の使者に!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?