NEW

JRA天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャード「不安」はM.デムーロ騎手!? 菊花賞ハナ差負け後「沈黙の45分間」に大スランプの気配

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャード「不安」はM.デムーロ騎手!? 菊花賞ハナ差負け後「沈黙の45分間」に大スランプの気配の画像1

 まさに「現状」を象徴するような結果だった。

 21日に京都競馬場で行われた菊花賞(G1)。最後の直線で一度は抜け出したエタリオウだったが、最後の最後にフィエールマンに差し切られてハナ差負け......。エタリオウの鞍上M.デムーロ騎手の重賞制覇は、またも"お預け"となってしまった。

「すごく頑張ってくれたし、すごくいいレースもできた」

 レース後、そうコンビの健闘を讃えたデムーロ騎手だったが、取材陣の前に姿を見せたのは菊花賞発走後から約45分後の最終レースが行われる直前。あまりに悔しい惜敗で、気持ちを落ち着けるために時間を要したことは想像に難しくない。

 それもそのはずだ。大レースになればなるほど燃え上がり、昨年にはJRA最多勝記録タイのG1・6勝を含む、重賞18勝と自己ベストを更新。「重賞ハンター」の名を欲しいままにしていた。

 しかし、今年は上半期こそ重賞9勝と昨年に匹敵するペースで量産していたが、下半期はなんとここまで未勝利......具体的にはJRA重賞に限れば、6月17日のユニコーンS(G3)が最後の勝利となっている。

 ちなみにその間の重賞成績は18鞍に騎乗して[0.7.2.9]。一方の人気が[3.7.2.6]であったことを考慮しても、そこまで悪いではないが......何故か「勝ち」が遠い。

JRA天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャード「不安」はM.デムーロ騎手!? 菊花賞ハナ差負け後「沈黙の45分間」に大スランプの気配のページです。GJは、競馬、JRAスワーヴリチャード天皇賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!