NEW

JRA天皇賞・秋(G1)ミッキーロケットは「能力そのまま」走る馬……問題はいつでも「◯◯関係」!?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA天皇賞・秋(G1)ミッキーロケットは「能力そのまま」走る馬......問題はいつでも「◯◯関係」!?の画像1

 28日、待望の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)が開催される。豪華メンバーが集ったが、前走でG1レースを制している唯一の馬がミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)。G1馬とはいえ10~20倍台の単勝オッズが予想される。好走すればおいしい穴馬だ。同馬の好走条件を検討する。

 今年6月、ミッキーロケットは宝塚記念(G1、芝2200メートル)を勝ち、G1初制覇となった。このとき、20年程度あるいはそれ以上の競馬歴のあるファンは感慨を覚えた。ミッキーロケットに騎乗していた和田竜二騎手はテイエムオペラオー以来のG1勝利であり、テイエムオペラオーは今年5月に死亡したことを知っていたからだ。

 こうしてG1馬となったミッキーロケットとG1を勝てる男であることを証明した和田騎手の新たなスタートが始まった。この秋、ミッキーロケットは京都大賞典(G2、芝2400メートル)から始動する予定だったが、調整が遅れて天皇賞・秋に登場してきた。

 ミッキーロケット、実にじれったい馬だ。宝塚記念以前の勝利は昨年の1月、日経新春杯(G2、芝2400メートル)での重賞初制覇まで遡る。ほぼ大崩れすることはないが、勝ち負けできるのは稀。先行策からジリジリと伸びるものの、勝ち味に遅い。そんな馬がなぜ宝塚記念を勝てたのだろうか。

 オープン入り後の成績を眺めていると気づくことがある。この馬はほとんど人気通りの着順に来ているのだ。つまり、能力通りの走りができるということ。人気薄ならば大敗、そこそこの人気ならば5着前後。たちの悪いことに好走するのは1番人気、2番人気のとき。人気なら買い、人気がなければ切りとも言えるが、それでは馬券妙味がない。

 人気薄で馬券になったことが2度ある。菊花賞戦線に名乗りをあげた2016年の神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)の2着(6番人気)と今年の宝塚記念(7番人気)。神戸新聞杯を断トツの1番人気で勝ったのはサトノダイヤモンド。しかし、2番人気以下はエアスピネル、ナムラシングン、レッドエルディスト、カフジプリンスと続く。今から振り返ればミッキーロケットの2着は当然とも言える。

JRA天皇賞・秋(G1)ミッキーロケットは「能力そのまま」走る馬……問題はいつでも「◯◯関係」!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々