NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「意外性」キセキに期待大な理由。王道トライアルの中身

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)「意外性」キセキに期待大な理由。王道トライアルの中身の画像1

 朝晩の冷え込みも厳しくなってきた10月も4週目。週末28日の東京競馬場では、G1馬が7頭という豪華メンバーが集結予定の伝統の一戦、天皇賞・秋(G1、芝2000m)が行われる。

 その天皇賞のトライアルとして位置づけられている芝1,800mで行われるG2の毎日王冠。だが近年は、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念という秋のG13連戦をこなすために、G1馬の出走は天皇賞からという傾向も強くなっている。また外厩での調整や海外遠征も盛んになったことから、春からのぶっつけ本番組が増えたことでその意義が薄れつつある。

 しかし、同じ東京競馬場で行われるその王道ローテからは、本番の天皇賞では穴をあける馬もいまだ少なくなく、当然出走組には注意が必要だ。

 前走、毎日王冠では1,800mという距離を疑問視されたが、勝ち馬アエロリットに僅差の3着と見せ場のあった、復活気配のキセキ(牡4 栗東・中竹和也厩舎)にも注意が必要だ。

 毎日王冠のキセキは、主戦のM.デムーロ騎手が本番の天皇賞・秋でスワーヴリチャードに騎乗することから、川田将雅騎手との新コンビが結成されての出走となった。

 同レースでは、キセキが抜群のスタートを決め、逃げをうったアエロリットを2番手で追走しつつ先行した。直線でも勢いが衰えることなく、ゴール前で軽斤量の3歳馬ステルヴィオに差されたものの、香港ヴァーズ以降のだらしなさを考えれば長距離戦を主戦場と、いたキセキにとっては価値ある3着だった。1,000m通過59.0秒、走破タイム1:44.7というのも過去10年で2番目の時計が出ており優秀だ。

JRA天皇賞・秋(G1)「意外性」キセキに期待大な理由。王道トライアルの中身のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!