NEW

JRA「影の日本人エース」は武豊級!? 騎乗技術ピカイチも「営業ベタ」な一面が残念!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「影の日本人エース」は武豊級!? 騎乗技術ピカイチも「営業ベタ」な一面が残念!?の画像1

「スゴイの一言ですよね。隠れた名騎手とは、まさにあの人のことを言うんだと思います」(競馬記者)

 20日の京都競馬で落馬負傷し、「左座骨骨折の疑い」と診断された秋山真一郎騎手。この日はこれ以降のレースでは乗り替わりが発表され、一時は翌日の騎乗も危ぶまれていた。

「ところが思ったよりも軽症だったのか、翌日は新潟競馬場に朝から姿を見せ、計8鞍に騎乗して4勝をあげる大活躍。秋山騎手は『馬に乗るとどうしてもお尻が当ってしまうので痛い』とボヤいていましたが、ケガの影響を微塵も感じさせない騎乗を見せてくれました。なかなかできることではないですよ」(前出・記者)

 秋山騎手といえば、近年は年間を通して40勝前後をあげているベテラン中堅騎手。そして今年の4月に開催された福島牝馬S(G3)をキンショーユキヒメで勝利し、史上5人目となるJRA全10場重賞制覇を達成するなどローカル競馬場を中心に活躍する中堅騎手として知られている。

「勝利数はそこまで多くないですが、秋山騎手の騎乗技術は現役でもピカイチと業界でももっぱらの評判。世界No.1にも名を連ねたことのあるR.ムーア騎手が、日本で武豊騎手の次に上手い騎手としてその名前をあげたというエピソードもあるように、JRAのトップクラスの騎手たちと比べても遜色ありません。

 若手騎手たちもいつも尊敬の眼差しで彼を見ています。某若手は『ポジショニング、追い出しのタイミングなど抜群に上手いですよね』と絶賛されています。さらに騎手の手腕が問われるといわれている長距離では『自分との明確な違いを感じます』と感心しきりでした」(競馬誌ライター)

JRA「影の日本人エース」は武豊級!? 騎乗技術ピカイチも「営業ベタ」な一面が残念!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!