NEW

武豊の天皇賞・秋(G1)7勝なるか……マカヒキも脱帽のキタサンブラックら「6勝」。そして「悲運」「不運」を振り返る

武豊の天皇賞・秋(G1)7勝なるか......マカヒキも脱帽の「6勝」とあの「悲運」「不運」を振り返るの画像1

 週末は第158回天皇賞(秋)、平成最後の天皇賞だ。平成の盾男と呼ばれる武豊騎手は、天皇賞(春)を8勝、天皇賞(秋)を6勝と合わせて14勝もしている。さすがに4000勝ジョッキーに相応しい実績だ。今回は武豊が勝利した天皇賞(秋)の6勝を中心に過去の騎乗馬を振り返ってみたい。

 武豊が勝利したのは

1989年 スーパークリーク
1997年 エアグルーヴ
1999年 スペシャルウィーク
2007年 メイショウサムソン
2008年 ウオッカ
2017年 キタサンブラック

 の6勝だ。いずれもその時代を代表する名馬だが、順を追って解説していこう。

 スーパークリークは武豊が初めてG1レースを勝利(1988年菊花賞)した相棒で、翌年には天皇賞(春)も制し、春秋天皇賞を勝利。イナリワンやオグリキャップといった名馬と競馬を盛り上げ、平成元年の競馬ブームに貢献した名馬だ。同馬が勝利した第100回天皇賞(秋)はオグリキャップ、メジロアルダン、ヤエノムテキ、イナリワン、フレッシュボイスなどが出走。オグリキャップとの叩き合いは天皇賞(秋)屈指の名勝負だ。

 1997年のエアグルーヴは、牝馬として17年振りに天皇賞を勝利。前年の天皇賞馬バブルガムフェロー、そしてジェニュイン、ロイヤルタッチ、そして3歳時のサイレンススズカなどに勝利している。最後の直線で名手岡部幸雄騎乗のバブルガムフェローを競り落とした強さは圧巻だった。

 1999年のスペシャルウィークは武豊が初めて日本ダービーを勝利した馬。同馬は天皇賞(春)、ジャパンカップも勝利するなど、日本競馬史に残る名馬だ。特にこの天皇賞は、前哨戦の京都大賞典でデビュー以来初めて3着を外す7着に敗退し、レース当日もマイナス16キロと大幅な馬体減、マスコミの評価も低く4番人気に甘んじていた。しかしレースは直線で11頭をごぼう抜き、ステイゴールド、セイウンスカイ、エアジハード、メジロブライトなどに勝利している。

武豊の天皇賞・秋(G1)7勝なるか……マカヒキも脱帽のキタサンブラックら「6勝」。そして「悲運」「不運」を振り返るのページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  7. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  8. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  9. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  10. JRAダノン軍団に「クラシックの呪縛」再び!? 日本ダービー(G1)ダノンベルーガ“秀逸”追い切りでよぎる「レコードV」骨折の悪夢