NEW

JRAルメール「重賞6連勝へ」スワンS(G2)モズアスコットでまずは5連勝? 状態は……

【この記事のキーワード】, , ,
JRAルメール「重賞7連勝へ」スワンS(G2)モズアスコットでまずは6連勝? 状態は......の画像1

 土曜日に行われるG2スワンS(京都、芝1400m)、今年の安田記念を制したモズアスコット(栗東・矢作芳人)がここから始動する。当時は重賞未勝利ながら安土城S(2着)から連闘で挑みG1を制した実力馬であり、始動戦のここでも断然人気となることが予想されている。

 ということで馬も当然注目されているのだが、負けず劣らず注目されているのはその鞍上、C.ルメール騎手だ。先週終了時点で169勝と2位に43勝差をつけ全国リーディングトップ、誰もが知る実力の高さを持っているが、更に驚くべきは勝負強さだ。

 今月の重賞勝利を振り返ると、6日サウジアラビアロイヤルC(グランアレグリア)、13日府中牝馬S(ディアドラ)、14日秋華賞(アーモンドアイ )、20日富士S(ロジクライ)そして21日菊花賞(フィエールマン)と5勝、ディアドラから続く重賞連続勝利で見ると先週で4連勝に伸ばしておりまさに絶好調。毎回のように勝利ジョッキーインタビューを受けている。

 この重賞連続勝利記録の最多は武豊騎手(98年)の6連勝だが、スワンSの後ルメール騎手が重賞に騎乗するのは翌日の天皇賞・秋でのレイデオロ、こちらももちろんチャンスがあり、もし土日で勝利となると武豊騎手の記録に並ぶことになる。

JRAルメール「重賞7連勝へ」スワンS(G2)モズアスコットでまずは6連勝? 状態は......の画像2

 今年のスワンSも登録13頭とやや寂しい頭数、G2にしてはメンバーが薄い感もある。目標は秋の大舞台とはいえ、モズアスコットもここでは負けられない。58キロの斤量を背負わされるのも鍵となりそうだが、前走の安田記念勝ちも58キロであったこともあり、やはりここでは軸にせざるを得ないか。

 休み明けということでここまでの調整過程を振り返ると、1週前にはルメール騎手自身が調教に跨っており、坂路で4F52.1をマーク、鞍上も絶賛していたという情報が入っている。

 前述の通り、目標はまだ先の馬。管理する矢作師も「いずれ世界で戦う馬」と述べているようにこの先の展望は計り知れない。まずはここで絶好調の鞍上とともに前哨戦を突破といきたいところだ。

JRAルメール「重賞6連勝へ」スワンS(G2)モズアスコットでまずは5連勝? 状態は……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声