NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「栗東」関係者情報入手……アルアイン、サングレーザーの「戦法」を入手?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)「栗東」関係者情報入手......アルアイン、ミッキーロケットの「戦法」を入手?の画像1

 今週末に開催される第158回天皇賞・秋(G1)。この伝統の2000m古馬頂上決戦を制するべく、栗東の各陣営は日夜、出走馬の馬体調整に余念がない。そんな慌ただしい日々を送る栗東の関係者より届けられた【有力情報】の中からピックアップした、注目すべき出走馬をご紹介しよう。

 まずは、サングレーザー(牡4・浅見秀一厩舎)だ。

 昨年、マイルCS(G1)で3着に入線して、マイル路線の有力馬として台頭したサングレーザー。だが今年はマイラーズC(G2)こそ勝ったものの、安田記念(G1)では同世代のライバルたちの前に5着と撃沈。今後に不安をのぞかせた。

 そして陣営は次走に2000mの札幌記念(G2)を選択。距離延長が不安視されたものの、いざフタを開けてみればマカヒキ(牡5歳)、モズカッチャン(牝4歳)といったG1馬を抑えて優勝。改めて実力を証明した。

「前走は2000mでもしっかりと折り合いがついていましたね。精神面が成長して気難しい面も徐々に解消されつつあり、馬混みの中でもイラつくことがなくなってきているようです。

最終追い切りは馬なりで坂路4F58.4-13.1秒と軽めでしたが、それまでは2週続けて坂路4F51秒台を記録。しっかり追われています。動きもよく、スタッフは『状態は今年一番と言ってもいい』と胸を張っていました。前走よりも相手は強くなりますが、チャンスはあるはずです」(栗東関係者・A)

 鞍上はJ.モレイラ騎手が務める。浅見厩舎は追い切り翌日にDPでのキャンターを行うが、モレイラ騎手はそこでの初コンタクトを提案。僚馬を2頭前に行かせ、モレイラ騎手が騎乗したサングレーザーは最後方からスムーズに追走した。モレイラ騎手は「健康でいい状態。フィーリングはとても良かったです」と状態に太鼓判を押している。

 サングレーザーがマジックマンとのコンビで大輪の花を咲かせることができるか。

JRA天皇賞・秋(G1)「栗東」関係者情報入手……アルアイン、サングレーザーの「戦法」を入手?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!