NEW

パチンコ自主規制「緩和」も不安は消えず? 連チャン率「上限なし」も”衝撃爆裂”の誕生は…

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ自主規制「緩和」も不安は消えず? 連チャン率「上限なし」も衝撃爆裂の誕生は...の画像1

 パチンコに光明が見えてきた。今月25日、業界サイト「パチンコビレッジ」が、出玉規制いわゆる「内規」の一部変更について報じた。

 変更される点は、パチンコの確率変動(確変)の上限。これまで確変継続率は「65%以下」とされていたが、その上限が撤廃されるという。

 パチンコの醍醐味でもある連チャン。現在は『CRF 戦姫絶唱シンフォギア』を筆頭に、一種二種混合機を応用することで”高継続スペック”を実現しているが、今後は純粋な確変ループタイプで可能となった。多くのプレイヤーが待ち望んでいた「高ループマシン」の復活である。

「確変→時短→通常といったスタンダードな仕様を好む人は多いですからね。それに現在も高継続マシンの開発は可能ですが、スペックが限られてしまいます。話題の『混合機タイプ』はどれも”似たり寄ったり”になりがちですし……敬遠するプレイヤーも少なくない。ゲーム性の広がりという意味では、ユーザー・業界にとってグッドニュースでしょう」(記者)

 自主規制の緩和で熱気が高まるパチンコ界。ただ、今月2月に施行された「規則改正」の存在を忘れてはならない。

パチンコ自主規制「緩和」も不安は消えず? 連チャン率「上限なし」も”衝撃爆裂”の誕生は…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事