NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「美浦」関係者の告白......レイデオロより気になる「デキは抜群1000万下なら勝てる」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)「美浦」関係者の告白......レイデオロより気になる「デキは抜群1000万下なら勝てる」?の画像1

 今週末に開催される2000m古馬頂上決戦、天皇賞・秋(G1)。この伝統の1戦を制するべく、美浦の各陣営は日夜、出走馬の馬体調整を行っている。そんな忙しい日々を送る美浦の関係者より届けられた【有力情報】の中からピックアップした、注目すべき出走馬をご紹介しよう。

 まずは押しも押されもせぬ本命・レイデオロ(牡4歳、藤沢和雄厩舎)だ。

JRA天皇賞・秋(G1)「美浦」関係者の告白......レイデオロより気になる「デキは抜群1000万下なら勝てる」?の画像2

 前走のオールカマー(G2)で、約1年ぶりの勝利をあげたレイデオロ。だが、終始前を走っていたアルアインを後方からなんとか交わして勝利を収めており、その内容には疑問符が付けられていた。

 今回の天皇賞・秋で強い競馬を見せて、改めてその実力を知らしめたいところだったが、1週前追い切りで騎手が馬を止め下馬するアクシデントが発生。その後、藤沢調教師は「何の心配もない」と答えていたが、不安を覚える者も少なくないだろう。

「前走は休み明けということもあり、調教でもどこか気が抜けてピリッとしていなかったみたいですね。そのせいか、レースでも前半は気持ちがまったく入ってなかったように見えました。最後こそいい脚を使ってくれましたけど、危なかったですね。今回は前走から2カ月ほど開きましたが、徐々にレースに向けての気持ちが出来はじめているようです。

 1週前追い切りのときにアクシデントがありましたけど、あれは馬場の穴に脚を入れてしまったから。一時、歩様は乱れましたが、その数日後には坂路で調整を行い、非常にいい動きも見せていましたので特にレースに影響は出ないと思います」(美浦関係者・A)

 昨年のダービー馬がG1競走2勝目を狙う。

JRA天皇賞・秋(G1)「美浦」関係者の告白......レイデオロより気になる「デキは抜群1000万下なら勝てる」?のページです。GJは、競馬、レイデオロ天皇賞・秋美浦の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!