NEW

JRA天皇賞・秋(G1)レイデオロ「本当のアクシデント」は春にあった!? 関係者も頭を抱えた「大不振」の真相

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)レイデオロ「本当のアクシデント」は春にあった!? 関係者も頭を抱えた「大不振」の真相の画像1

 昨年のダービー馬に”吉兆”が訪れた。

 28日に東京競馬場で開催される天皇賞・秋(G1)。復権を懸ける昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、4枠4番という好枠をゲットした。

「いい枠じゃないですか」

 陣営がそう話すのも当然。この天皇賞・秋5勝を誇る藤沢和雄厩舎だが、過去に1996年のバブルガムフェローと、2014年のスピルバーグが4番から天皇賞馬に輝いている。厩舎にとっては、まさに吉兆が訪れたというわけだ。

 さらに4枠から勝った2002年のシンボリクリスエスは、レイデオロの母父という”縁”もある。他にも1997年のバブルガムフェローや2010年のペルーサが2着するなど、こちらも藤沢厩舎と好相性。「青帽」に、いい思い出が詰まっている。

 この中間、レイデオロにはアクシデントがあった。1週前追い切りで馬場に脚を取られ、追い切りを中断したのだ。だが、検査の結果は異状なし。日曜日にはその”埋め合わせ”となる追い切りが行われ、本来の動きに陣営も「問題なし」と判断。しっかりと負荷を掛けた。

 そのジャッジが間違っていなかったことを証明したのが、25日に行われた最終追い切りだ。美浦のウッドコースで併せ馬を行ったレイデオロは、抜群の手応えであっさり先着。藤沢厩舎らしく時計こそ地味だったが、動きのスムーズさが目を引いた。

JRA天皇賞・秋(G1)レイデオロ「本当のアクシデント」は春にあった!? 関係者も頭を抱えた「大不振」の真相のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!