NEW

【蒲郡ボートレースダービー(SG)準優】猛者集う3準優を占う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボートレース【蒲郡ダービー(SG)準優勝戦】猛者集う3準優を占うの画像1

 26日、SGナイターとして開催された蒲郡ボートレースダービーの4日間の予選が終了し、準優メンバー18人が出揃った。27日に行われる3つの準優勝戦で誰が1着または2着となり、28日の決勝戦ベスト6に残るのかを展望する。

 その前に予選4日間を簡単に振り返っておこう。最大の焦点だったのが毒島誠(4238、34歳・群馬)。7月若松オーシャンカップ、8月丸亀ボートレースメモリアルに続きSG3連覇の偉業達成が期待されていた。ところが初日2回乗りで5着、6着のスタート。準優入りは絶望と思われた。

 しかし、2日目と3日目で3着、2着、1着と巻き返し、4日目の1回乗りは1着勝負。しかも待望の1号艇。逃げ切れば地獄の底から這い上がりベスト18入りに成功する。残念ながら結果はイン逃げ失敗。2コースがへこみ、3コースが覗くという最悪の展開ではあったが、敗因はエンジンの出来。スリットから伸び返す力がなかった。芦屋チャレンジカップ(SG)、住之江グランプリ(SG)で底力を発揮してほしい。

 このダービーで目立ったのが激しいコース取り合戦。艇界のエンターテイナー西山貴浩(4371、31歳・福岡)は開会式で低調エンジンを引いたことを嘆き「今節は進入で見せ場を作る」と宣言して会場を笑わせた。他の選手がそれに刺激されたのかは不明だが、とにかく積極的な前付け策が目立った。SGでは枠なりが定番となって久しいが、進入からエキサイティングなバトルが展開された。この傾向が今後も続くことを期待したい。

 では準優3個レースを展望していこう。

【9R準優勝戦】
1号艇 石川真二(3473、48歳・福岡)
2号艇 岡崎恭裕(4296、31歳・福岡)
3号艇 桐生順平(4444、32歳・埼玉)
4号艇 新田雄史(4344、33歳・三重)
5号艇 田中信一郎(3556、45歳・大阪)
6号艇 石野貴之(4168、36歳・大阪)

 最も進入で動いて好成績を上げ1号艇をゲットしたのが石川真二。ここは逃げるのみ。2号艇岡崎は日を追うごとにエンジンがパワーアップ。4日目は持ち前の大技で連勝した。4号艇新田のエンジンも外から攻められる足がある。内がもつれればグラッチェ大阪コンビの5号艇田中、6号艇石野にもチャンスがある。
 買い目は1-2と1-4からの3連単。2-1と2-4からの3連単も押さえたい。

【蒲郡ボートレースダービー(SG)準優】猛者集う3準優を占うのページです。GJは、競輪・競艇、ボートレース競艇蒲郡ボートレースダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!