NEW

JRA天皇賞・秋「サイン」反町隆史来場でレイデオロが大本命!? 日本競馬最強の「相棒」武豊×金子真人の「意外な共通点」とは

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋「サイン」反町隆史来場でレイデオロが大本命!? 日本競馬最強の「相棒」武豊×金子真人の「意外な共通点」とはの画像1

 28日に東京競馬場で開催される天皇賞・秋(G1)は13頭立てながら、現役最強馬を決めるに相応しいハイレベルなメンバーが集った印象だ。

 栄えある平成最後の天皇賞・秋のゲストプレンゼンターを務めるのは、俳優の反町隆史。

 1973年12月19日生まれの44歳ということで、当然「4枠4番」のレイデオロには警戒が必要だ。さらに今週、シリアで武装組織に拘束されているとみられていたフリージャーナリスト安田純平さんが解放されたことが大きな話題となったが、その安田さんも44歳。今週も勝つのは、C.ルメール騎手なのだろうか。

 下馬評では昨年の日本ダービー(G1)でワン・ツーを果たしたレイデオロとスワーヴリチャードの一騎討ちムードとなっているが、サイン的要素では前者の「1強状態」となるようだ。

 さらにレイデオロを推す要素は、JRAが発表した天皇賞・秋のヘッドライン『王道の意義、王者の威厳。』にも隠されていそうだ。

 王道・王者と「王」が強調されている今回のヘッドライン。「黄金の王」という名の由来を持つレイデオロが、やはり筆頭候補に挙げられる。「王者の威厳」という点もスワーヴリチャードよりも、世代の頂点に立ったダービー馬の方が相応しいのではないだろうか。他にも冠名+「皇帝」の意味を持つサクラアンプルールの大駆けにも注意が必要か。

 また、「王道の意義」から天皇賞・秋の王道ステップといえば、毎年関連性の高い毎日王冠(G2)組だろう。最先着馬のキセキが「王道ローテの意義」を示すかもしれない。

 また反町といえば、今月から放送されるドラマ『相棒』(テレビ朝日)が真っ先に挙がるだろう。ちなみに反町は今回が4シーズン目。ここでもレイデオロの「4」という数字が上がっている。

 ただ、ここで大きく浮上するのが武豊騎手のマカヒキだ。

JRA天皇賞・秋「サイン」反町隆史来場でレイデオロが大本命!? 日本競馬最強の「相棒」武豊×金子真人の「意外な共通点」とはのページです。GJは、競馬、サインレイデオロ反町隆史天皇賞武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!