NEW

JRA天皇賞・秋(G1)「悪夢」スワーヴリチャード大敗の原因は武豊!? スタート直後にマカヒキと接触……M.デムーロの”恨み節”も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・秋(G1)「悪夢」スワーヴリチャード大敗の原因は武豊!? スタート直後にマカヒキと接触......M.デムーロの恨み節もの画像1

 東京競馬場が”悲鳴”に包まれた。

 28日に行われた天皇賞・秋(G1)は、2番人気のレイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。昨年のダービー馬に2つ目のビッグタイトルをもたらしたC.ルメール騎手は、これで3週連続となるG1制覇。今年6つ目のG1制覇となり、年間最多勝記録にも王手をかけた。

 その一方、”悪夢”が待っていたのが、単勝2.5倍の1番人気に推されたスワーヴリチャードだ。

「スタートでぶつけられて、それで終わった……」

 レース後、主戦のM.デムーロ騎手が悔しそうに”恨み節”を口にした。勝ったレイデオロの隣となる4枠5番の好枠からスタートしたスワーヴリチャードだったが、ゲートで痛恨の立ち遅れ。その直後に逆隣にいた武豊騎手のマカヒキと接触し、そのままレイデオロとの2頭に挟まれる形で大きく出遅れた。

 管理する庄野靖志調教師が「挟まされてちょっと気持ちも切れた」と悔しさを露にした通り、スワーヴリチャードはそのまま戦意喪失……最後まで本来の走りをまったく見せることができず、12頭中の10着に大敗した。

 悪夢のような展開に納得できないのは陣営だけでなく、レースを見守ったファンも同様だ。

JRA天皇賞・秋(G1)「悪夢」スワーヴリチャード大敗の原因は武豊!? スタート直後にマカヒキと接触……M.デムーロの”恨み節”ものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!