NEW

武豊マカヒキ「戦犯&大惨敗」……札幌記念時からあった「懸念」と「限界」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武豊マカヒキ「戦犯&大惨敗」......札幌記念時からあった「懸念」と「限界」?の画像2

「前哨戦の札幌記念で強烈な追い込みを決めて2着に入り『復活』を印象づけたマカヒキですが、アノ時の馬場は『稍重』でタイムもかかったレース。今回の天皇賞はレコードに迫ろうかというレベルのハイスピード戦となり、マカヒキはついていけていないようにも見えました。

武豊騎手も『ペースが緩むところがなく、全く脚がたまりませんでした』と回顧しています。本来ハイペースなら後方が有利なんですが、それができなかった。少頭数ということもあり後方でもペースをモロに受けたということもあるかもしれませんが……。

昨年の天皇賞5着健闘も歴史的不良馬場での開催。今のマカヒキにはパンパンの良馬場は向いていないのかもしれません」(同)

 復活の期待を受けながら大敗したマカヒキ。武豊騎手は「次走は巻き返したい気持ちです」と思いを新たにしているが……。

武豊マカヒキ「戦犯&大惨敗」……札幌記念時からあった「懸念」と「限界」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!