NEW

パチンコ社長殺人「銃撃過去」に見る謎と状況……パチンコ業界より「メーカーの構造」が引き起こした可能性も

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、内ヶ島社長が危険にさらされていたのは、何も今回のトラブルがあったから、というわけではない様子だ。

「昨年4月、内ヶ島社長はフィリピン旅行中に『銃撃』を受け、それによって部品メーカーの社長が亡くなっています。昨年ということは今年の台のトラブルとは無関係です。フィリピンでの事件が内ヶ島さんを狙ったものだったのかは謎のようですが、やはり一般的には非日常というべき”渦中”にいた可能性はあるでしょう」(同)

 30代だった内ヶ島社長は事業意欲が強く、攻めの姿勢があった人物だったという。その過程で軋轢もあったのだろうか。謎が謎を呼ぶばかりである。

パチンコ社長殺人「銃撃過去」に見る謎と状況……パチンコ業界より「メーカーの構造」が引き起こした可能性ものページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!