NEW

パチスロ王者『ジャグラー』超え確実!? ファン注目の「11月新台」ラインナップ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ王者『ジャグラー』超え確実!? ファン注目の「11月新台」ラインナップ!!の画像1

 先月、パチスロ「6号機」が無事に降臨。出玉面などに不安の声が上がっていたが、新規則AT第一弾『HEY!鏡』(大都技研)が見事に払拭してみせた。盛り上がるホールでは連日高稼働を実現し、新時代開幕にふさわしい活躍を見せている。

 そんなパチスロの「11月新台」は注目のラインナップ。好評を得た画期的システムの第二弾機、さらにはファン必見のアノ「次世代マシン」も登場予定だ。

 そこで今回は11月の注目機種、さらに押さえておきたい注目ポイントを確認したい。

■11月上旬予定
『チェインクロニクル』(サミー)【AT】
サミー6号機第一号となる本機はセガの大人気ゲーム。純増枚数は約4枚となっている。本機最大のポイントは「絆ガチャCHANCE」。原作さながらの”カードを引いて”キャラを強化し、その組み合わせ・レア度によって継続期待が変化する。「出玉性能」「ゲーム性」「世界観」すべてを追求した1台といえるだろう。

■11月5日予定
『パチスロ戦国乙女TYPE-A+ 』(オリンピア)【ノーマル+RT】
獲得枚数が大きく変化する「獲得枚数超変動型BB」を実現した「TYPE A+」。その第二弾は同社の看板コンテンツ『戦国乙女』シリーズだ。BB後に必ずRTへ突入する点に加えて、BB時の 平均獲得枚数は357枚。安定感抜群のスペックとなっている。

『スーパープラネットSP』 (山佐)【ノーマル】
全てを一新した伝統の”リール制御”に加えて、3種類の「告知システム」を搭載。そのなかでも、告知一切なしの「出目モード・極」は要注目だ。ボーナス成立から「何Gで入賞できたか」を表示する「階級チャレンジモード機能」はまさに”玄人好み”の仕様といえるだろう。

『パチスロらんま1/2』 (EXCITE)【ART】
疑似BONUSとARTで出玉を増やすゲーム性。原作の特徴を活かした「変身リプレイ」は通常・ART中など、いかなるタイミングでも成立すればチャンス。ARTは変身リプレイ成立で継続期待の高い「らんまフェスティバル」への移行抽選が行なわれるなど、らんまの”変身”が出玉のカギを握っている。

■11月19日予定
『パチスロ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」』(北電子)【ノーマル+RT】

役割・枚数が異なる5種類のボーナスを搭載。気になるRT性能は超強力だ。RT「ソロプレイ」を経由して突入する「マルチプレイ」は、設定1でも平均継続G数は300Gオーバー。スタミナが”ゼロ”になるまで継続する本システムは、ボーナス中の7揃いなどで回復する。ボーナスの引きが重要視されるマシンといえるだろう。

『戦コレ![泰平女君]徳川家康』【AT】
コナミアミューズメント初の6号機。純増は約3.5枚と『HEY!鏡』よりも少なめだが……長い目で見れば一撃性能に長けた仕様のようだ。ゲーム性はシリーズを踏襲した「シナリオ管理」を採用。さらに、お馴染みの出玉トリガー「超高継続モード」もあるようで、6号機でも『戦コレ』の醍醐味を味わえそうだ。
(文=編集部)

パチスロ王者『ジャグラー』超え確実!? ファン注目の「11月新台」ラインナップ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事