NEW

JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行発覚! 被害女性はショック消えず。「村社会」が記者にも悪影響?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行に驚愕......被害女性はショック消えず。「競馬界の強さ」が生む社会性のなさ?の画像1

 JRAに激震が走った。トレセン現場にいる「記者」にとんでもないスキャンダルが発覚したのである。

 報じたのは31日発売の「週刊新潮」(新潮社)。内容は「美浦トレセンの宿泊施設で酔っ払った競馬記者3名が『寝ている女性記者の部屋の扉の前で”やらせろ!”などと喚き扉を開けようとした』」というもの。聞くだけでも下品極まりないものだが、その出来事に恐怖を覚えたその女性記者は休養に入ってしまったという。詳細は是非本誌をご覧いただきたい。

 CMに有名芸能人を配し、藤田菜七子騎手の登場や競馬を「ホースパーク」としてデートスポットにするなど、女性にもずいぶんと開けてきた印象のある競馬界。そんな中起きた「セクハラ」の一言では片付けられない記者たちの蛮行は、JRAにとっても大変な迷惑といえるに違いない。

「記者3人の中には『競馬番組に出演』している人物もいるようですが、記事によればすでに『記者クラブ退会』も決まったとか。ということは『これまで出演していたアノ人、最近見なくなったね』ということになる可能性は高いでしょう。記事には名前がありませんでしたが『犯人発覚』も時間の問題ですよ」(競馬ライター)

 呆れ果てる他ない事件ではあるが、深く傷ついた女性記者の回復をまずは祈るばかりだ。

 無論、どのような業界にいてもこうした行き過ぎたセクハラ、パワハラが行われる場合はあるが、とりわけ競馬界では、男性記者がこうした「勘違い」をする土壌は整っているという。

JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行発覚! 被害女性はショック消えず。「村社会」が記者にも悪影響?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか