NEW

JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行発覚! 被害女性はショック消えず。「村社会」が記者にも悪影響?

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行に驚愕......被害女性はショック消えず。「競馬界の強さ」が生む社会性のなさ?の画像1

 JRAに激震が走った。トレセン現場にいる「記者」にとんでもないスキャンダルが発覚したのである。

 報じたのは31日発売の「週刊新潮」(新潮社)。内容は「美浦トレセンの宿泊施設で酔っ払った競馬記者3名が『寝ている女性記者の部屋の扉の前で”やらせろ!”などと喚き扉を開けようとした』」というもの。聞くだけでも下品極まりないものだが、その出来事に恐怖を覚えたその女性記者は休養に入ってしまったという。詳細は是非本誌をご覧いただきたい。

 CMに有名芸能人を配し、藤田菜七子騎手の登場や競馬を「ホースパーク」としてデートスポットにするなど、女性にもずいぶんと開けてきた印象のある競馬界。そんな中起きた「セクハラ」の一言では片付けられない記者たちの蛮行は、JRAにとっても大変な迷惑といえるに違いない。

「記者3人の中には『競馬番組に出演』している人物もいるようですが、記事によればすでに『記者クラブ退会』も決まったとか。ということは『これまで出演していたアノ人、最近見なくなったね』ということになる可能性は高いでしょう。記事には名前がありませんでしたが『犯人発覚』も時間の問題ですよ」(競馬ライター)

 呆れ果てる他ない事件ではあるが、深く傷ついた女性記者の回復をまずは祈るばかりだ。

 無論、どのような業界にいてもこうした行き過ぎたセクハラ、パワハラが行われる場合はあるが、とりわけ競馬界では、男性記者がこうした「勘違い」をする土壌は整っているという。

JRA「女性寝込み襲撃」記者の蛮行発覚! 被害女性はショック消えず。「村社会」が記者にも悪影響?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!