NEW

武豊「調教師」の力で開花!? エアウィンザー本格化、デビューで「ユタカ騎乗」だったあの馬たち

【この記事のキーワード】, ,
武豊「調教師」の力で開花!? エアウィンザー本格化、デビューで「ユタカ騎乗」だったあの馬たちの画像1

 レイデオロの勝利で幕を閉じた今年の天皇賞・秋(G1)。昨年のダービー馬がG1競走2勝目をあげたが、その裏で開催されたカシオペアSで、来年の天皇賞に出走するのではないか、と思わせるほどの激走を見せた馬がいる。それがエアメサイアの5番仔にして最後の仔・エアウィンザー(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)だ。

 デビュー前から関係者に「兄であるエアスピネルたち以上の器」と評されていたエアウィンザー。だがデビュー戦からつまずき、3歳春は共同通信杯(G3)で6着が精一杯。クラシック出走も叶わなかった。その後も500万下や1000万下で勝ち負けを繰り返し、期待の1頭と考えるファンも徐々に少なくなっていった。

 そんな終わった馬と考えられていたエアウィンザーが、今年に入ってから一変。5月のむらさき賞で後に京成杯オータムH(G3)を勝つミッキーグローリーを抑えて勝利を上げると、続く西宮ステークスも優勝。そして迎えたカシオペアSでは、8番手でレースを進めると、最後の直線で後方から大外一気の末脚で快勝。2着に2馬身差をつける強い競馬を見せた。レース後、浜中俊騎手は「気を抜く所があると言われていますが、追えばしっかり伸びてくれます」と語り、「今は軌道に乗っている感じです。馬が充実しているのでしょう」と成長していると明かしていた。

武豊「調教師」の力で開花!? エアウィンザー本格化、デビューで「ユタカ騎乗」だったあの馬たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  3. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  4. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  5. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  8. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  9. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  10. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁