NEW

【京王杯2歳S(G2)展望】JRA「2歳王者」へ素質馬続々! 良血から◯外まで豪華面々が府中に集結

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【京王杯2歳S(G2)展望】JRA「2歳王者」へ素質馬続々! 良血から◯外まで豪華面々が府中に集結の画像1

 朝晩の冷え込みも一段と厳しくなってきた晩秋。今週末は未来を占う伝統の2歳重賞、京王杯2歳S(G2)が3日の東京競馬場で行われる。

 朝日杯FS(G1)の前哨戦として位置付けられている同レースからは、過去、G1を4勝したグラスワンダー、オークス馬ウメノファイバー、ダートG1を7勝したブルーコンコルド、マイルG1を2勝グランプリボス、安田記念勝ちリアルインパクトと、後々の一流馬が出走している。

 さて今年の出走メンバーはどうだろうか? 特別登録においては9頭と寂しい出走頭数となりそうだ。

 まず、1人気になりそうな2戦2勝のファンタジスト(2歳牡 栗東・梅田智之厩舎)。7月の中京1,200m新馬戦ではクビ差勝ちだったが、2着のディアンドルがその後未勝利、OPカンナSと2連勝したことを考えればファンタジストの能力は高いと言える。続く2戦目の小倉2歳S(G3)では絶好のスタートを決めると、番手でレースを進め直線でも衰えることなく1.3/4差をつけての余裕の勝利だった。ディープインパクト×ロードカナロアという配合で距離の融通も利きそうだ。

 次に、ファンタジスト同様、2戦2勝の○外 アスターペガサス(2歳牡 栗東・中竹和也厩舎)。6月の函館1,200m新馬戦では好スタートから3番手でレースを進め、直線でも2.1/2馬身突き放す余裕のある競馬。在厩競馬で臨んだ2戦目の函館2歳Sでは、ゲートが合わず短距離戦では致命的な出遅れ。しかし、その前向きな気性から一気に馬群に追いつき追走した。が、直線に入ったところでは先頭を走るラブミーファインとは8馬身以上はあろうかという10番手にいた。直線の短い函館競馬場では普通ならどうにもならない位置取りである。

しかし、残り200mを切ったあたりからエンジン全開。ゴール直前で逃げ粘るラブミーファインを差し切ってしまうのだから、その闘争本能は相当なもの。

 レース後、同馬を管理する中竹和也調教師は「ゲートが開くと中で一旦戻るようになってから出て行く癖があります。さすがに道中では間に合わないと思いました。ダートでも走ると思いますが、芝路線を進みたいです。あと2ハロンはこなして欲しいですね」と、その切れ味に感嘆していた。また2着に負けたラブミーファインに騎乗の丸山元気騎手をして「あれで最後交わされるとは……。勝った馬が強いです」(ラジオNIKKEIより)と、アスターペガサスのその非凡な強さにお手上げと語っている。

 そして今回、同馬の手綱は小崎綾也騎手から福永祐一騎手にバトンタッチとなるようだ。”牝馬の福永”と言わしめたその手腕を○外アスターペガサスで見せつけてくれるだろうか。

【京王杯2歳S(G2)展望】JRA「2歳王者」へ素質馬続々! 良血から◯外まで豪華面々が府中に集結のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!