NEW

JRA「日本人終了?」オドノヒューも神騎乗で差拡大の一途……ムーア、ビュイック、C.デムーロもスタンバイ

【この記事のキーワード】, ,
JRA「日本人終了?」オドノヒューも神騎乗で差拡大の一途......ムーア、ビュイック、C.デムーロもスタンバイの画像1

 短期免許しか取得していないにもかかわらず、56勝をあげてリーディング上位にも顔を出しているJ.モレイラ騎手。目覚ましい活躍を見せているモレイラ騎手だが、短期免許の都合上、今週末はお休み。来週のエリザベス女王杯開催週からの騎乗再開となる。日本人騎手たちの奮闘にも期待が集まるが、その間隙を突く形で活躍をしそうなのがC.オドノヒュー騎手だ。

 アイルランドを代表するA.オブライエン調教師のもとでデビューし、07年にアストロノマーロイヤルで2000ギニー(G1仏)、11年にはトレジャービーチで地元の愛ダービー(G1)を制するなど活躍したオドノヒュー騎手。現在はジェシカ・ハリントン厩舎の主戦騎手となり、アルファセントーリとのコンビで愛1000ギニー(G1)などG1競走4連勝を飾るなど獅子奮迅の働きを見せている。

 その名手が今年は10月27日(土)から11月5日まで短期免許を取得し、6年ぶりに来日。以前は期待に応えたとはいえない成績に終わっていたものの、今回は関係者たちが感嘆する騎乗を見せているという。

「オドノヒュー騎手は先週土曜の東京競馬場4R、2歳新馬戦で人気薄のペイシャムートンに騎乗し、勝利。後方で脚をため、最後の直線で上がり最速の末脚を繰り出し、2着に5馬身差をつける圧勝劇を飾りました。

 レース後、関係者は『稽古の感じからはとても走るとは思えなかったけど、実戦でガラリと変わってくれたね。鞍上がやる気スイッチを入れてくれたのかな』と予想以上の結果にうれしい悲鳴をあげていましたよ」(競馬誌記者)

 オドノヒュー騎手の快進撃はこれだけにとどまらず、この日の8Rでは、モレイラ騎手が騎乗して単勝1.7倍に支持されたサトノマックスをスパイラルダイブでみごと差し切り勝ち。結果、天皇賞・秋(G1)が開催されるためにトップジョッキーたちが集まる東京競馬場で、土日合わせて2勝、2着3回と好成績を残している。

JRA「日本人終了?」オドノヒューも神騎乗で差拡大の一途……ムーア、ビュイック、C.デムーロもスタンバイのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!