NEW

JRA「屈辱のグランアレグリア」ダノンファンタジーが重賞制覇に燃える!? 新馬「ゴタゴタ」と真の「適性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「屈辱のグランアレグリア」ダノンファンタジーが重賞制覇に燃える!? 新馬「ゴタゴタ」と真の「適性」の画像1

 先週のアルテミスS(G3)に続き、今週末は京都競馬場で2歳牝馬の限定重賞ファンタジーS(G3)が開催される。暮れの阪神JF(G1)出走を目指す若駒たちがずらりと顔を揃えたが、中でも注目されているのはダノンファンタジー(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)だろう。

 6月の東京競馬場で行われた芝1,600m新馬戦では、C.ルメール騎乗のグランアレグリアに敗れたものの、タイムは1分33秒9を記録。これは昨年の同週同コースを勝利したステルヴィオの勝ち時計よりも0秒9も早く、その才能の高さを感じさせるものだった。そして次走の未勝利戦で単勝1.3倍という断然の人気を集めたダノンファンタジーは、2馬身差をつけ勝利。3番手でレースを進め、最後の直線では「ムチも使わず、手綱を扱くこともなく」馬なりのまま圧勝してみせた。

「デビュー戦こそ、9年ぶりに従来のレコードを更新する走りを見せたグランアレグリアの後塵を拝する形になりました。ですがダノンファンタジーも前走で、牝馬クラシックを沸かせるだけの素質を秘めていることを証明しています。

 ライバルのグランアレグリアは先日開催されたサウジアラビアRC(G3)を快勝。今後もレースで相まみえることが予想され、ダノンファンタジー陣営としてはファンタジーSで不甲斐ない走りを見せる訳にはいかないでしょう。気合いが入っていると思います」(競馬記者)

 主戦の川田将雅騎手とともに初重賞制覇へ向かうダノンファンタジー。大舞台でグランアレグリアにリベンジするためにも負けられない一番となるが、今回はロードカナロア産駒で前走では切れ味鋭い末脚を武器に快勝したレーヴドカナロア、長くいい脚が使えるレッドベレーザはC.デムーロ騎手を伴い出走予定と、一筋縄ではいかないライバルたちが顔をそろえる。

JRA「屈辱のグランアレグリア」ダノンファンタジーが重賞制覇に燃える!? 新馬「ゴタゴタ」と真の「適性」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!