NEW

JRA七冠馬「ジェンティルドンナ初仔」出陣! 超良血「モアナアネラ」がクラシックの主役へ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA七冠馬「ジェンティルドンナ初仔」出陣! 超良血「モアナアネラ」がクラシックの主役へ!!の画像1

 サウジアラビアロイヤルC(G3)を圧勝したグランアレグリア、アルテミスS(G3)で鮮やかな差し切り勝ちを見せたシェーングランツなど、逸材が揃った印象の2歳牝馬。

 評判馬や良血馬の熱い戦いが繰り広げられているが、今週も注目すべき"大物"がデビューを果たす。

 国内外合わせてG1通算7勝をあげた名牝ジェンティルドンナの初仔モアナアネラ(牝2、栗東・石坂正厩舎)だ。

 父キングカメハメハ、母ジェンティルドンナという超良血馬。母と同じ厩舎で調教を積んできた期待馬が、ついに初陣を迎える。

「2歳牝馬路線の主役になっても不思議ではない逸材ですよね。デビュー戦に注目が集まっているのも当然でしょう。気になるのは仕上がりですが、調教では2歳未勝利馬に遅れるなど調整段階と言えるのかもしれません。

陣営からは『まだひ弱さが目立つ』とのコメントも出ていました。状態面に若干の不安を抱えているという点を、不安視する声もあります。しかし、以前デイリースポーツの取材で『体幹の強さは母譲り』とスタッフが答えているように素質の高さは疑いようがありません。

そもそも2歳の秋という時期は体が成長する過程。来年には状態が一変することも十分に考えられるでしょう。本格的な活躍は先の可能性もありますね」(記者)

 本馬の母ジェンティルドンナは歴史に名を残した名牝だが、デビュー戦は2馬身以上の差を付けられ2着と敗北。人気に応えることはできなかった。

 しかし、3歳になって迎えたシンザン記念(G3)では後続へ1馬身以上の差を付ける快勝。チューリップ賞(G3)は4着に敗れたものの、続く桜花賞(G1)から無傷の4連勝で三冠を達成している。

JRA七冠馬「ジェンティルドンナ初仔」出陣! 超良血「モアナアネラ」がクラシックの主役へ!!のページです。GJは、競馬、JRAグランアレグリアモアナアネラの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!