NEW

「データ」が示すパチンコ業界の実態......遊技機市場「1兆円」割れが判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「データ」が示すパチンコ業界の実態......遊技機市場「1兆円」割れが判明の画像1

 出玉や広告に関する規制強化の影響もあり、かつてのような勢いを失いつつあるパチンコ業界。今後の展開を不安視する声は目立つ。

 そのような状況下、またもや暗いニュースが舞い込んできた。

 矢野経済研究所が「2017年度パチンコ関連機器市場調査」を発表。2017年度のパチンコ関連機器全体(パチンコ機、パチスロ機、周辺設備機器)の市場規模は、メーカー売上金額ベースで8574億円だったことが業界誌「遊技通信」(遊技通信社)11月号で特集されている。

 1452億円(前年度比85.5%)の大幅なマイナスとなった様子。同研究所が調査を始めて以来、初めて1兆円の「大台」を割ってしまったようだ。

〇〇〇
■パチンコ機市場
5157億円(前年比98.1%)

■パチスロ機市場
2434億円(前年比68.1%)

■周辺設備機器市場
982億円(前年比82.4%)
〇〇〇

 公益財団法人日本生産性本部が報告した「レジャー白書2018」によれば、2017年のパチンコ参加人口は、2年連続で過去最低値を更新したことが明らかになっている。

 最盛期には約1万8000店だった店舗数も、2018年9月末現在で9362店舗まで減少。市場規模は19兆5400億円と、20兆円の大台を割り込む結果となってしまった。

〇〇〇
■パチンコ参加人口
900万人(前年から40万人減)

■店舗数
9362店舗(2018年9月末現在)

■市場規模
19兆5400億円(前年比8780億円減)
〇〇〇

 追い打ちをかけるように今年2月からは出玉規制が開始。業界規模のさらなる縮小は確実視されていた。

「データ」が示すパチンコ業界の実態......遊技機市場「1兆円」割れが判明のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!