NEW

JRA「3歳最強へ」オメガパフュームが古馬と激突! ルヴァンスレーヴ再戦まで負けられない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「3歳最強へ」オメガパフュームが古馬と激突! ルヴァンスレーヴ再戦まで負けられないの画像1

 11月4日、JRAの京都競馬場で史上初めてクラシック、スプリント、レディスクラシックの3つのG1レースが開催される。この栄えあるJBCデーでメインを張るのがJBCクラシックだ。

 今年はG1・2勝のケイティブレイブ、フェブラリーS(G1)覇者・ノンコノユメらがしのぎを削ると見られているJBCクラシック。熱い戦いが期待されそうだが、そこで存在感を示したいのがオメガパフューム(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 オメガパフュームは今年の初旬に遅いデビューを飾った。しかし”出世”は早く、4戦目の加古川特別(1000万下)では古馬相手に完勝し、頭角を現す。続くジャパンダートダービー(G1)こそ、ルヴァンスレーヴの前に涙を飲んだものの、シリウスS(G3)では和田竜二騎手とコンビを組むとグレイトパール、サンライズソアら実績のある古馬を抑え込んで優勝。4角手前で外に出されたオメガパフュームはまくるようにあがり、残り100mで先頭に立つと後続に迫られるもなんとか振り切ってみせた。

 和田騎手はレース後に「乗りやすい」と高評価しつつ、最後は詰め寄られたものの、「余裕のある勝ち方だったので、将来的にも楽しみな馬だと思いました」と管理する安田翔調教師にうれしい重賞初勝利をプレゼントした本馬を褒め称えた。

「安田翔調教師は初勝利もオメガパフューム。まさに孝行息子ですね。このレースで3歳馬が勝つとなれば、02年のアドマイヤドン以来のことになります。舞台となる京都競馬場のダート1900mコースはスタート直後の直線が長く、やはり先行有利。オメガパフュームは後方からも、前目につけても競馬ができる自在性の高さも売りですので、ここでも期待できるはずです」(競馬誌記者)

JRA「3歳最強へ」オメガパフュームが古馬と激突! ルヴァンスレーヴ再戦まで負けられないのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!