NEW

新垣結衣に「錦戸亮の印象」「いつまで清純派?」の声……ベッドシーン未遂に批判、大幅キャラ変も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣「ベッドシーン未遂」に「いつまで清純派?」の声......大規模キャラ変にはあの「物議CM」出演が最短?の画像1

 新垣結衣に怒りの声が殺到?

 10月31日に放送された『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の視聴率が6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 視聴率は3話からさらに下落したが、それはプロ野球日本シリーズがあったためで、本来ならもう少し数字もあったかもしれない。まあ、それでも低いことに変わりはないだろうが……。

 それよりも問題だったのが、共演の松田龍平との「ベッドシーン」だ。

「大人の色気漂う雰囲気で横になり、『行為』が少しずつスタート……かと思いきや、飲み過ぎた松田さん眠ってしまって結局『未遂』で終わってしまいました。

これにネット上では『期待はずれ』『錦戸亮と付き合っただろ』『いつまで清純派?』『もそういうシーンがあってもいいのでは』と、新垣さんというか未だに『清純派イメージ』を守ろうとする戦略というか意向が見えてしまうことに、視聴者もガックリしているようですね。新垣さんももう30歳なんですが……」(記者)

 長らく清廉なイメージが強かった新垣だが、さすがにいまだ20代の時と同じ扱いに、視聴者も飽きてきたということだろうか。新垣のベッドシーンに興味がある人も当然多いだけに……。

新垣結衣に「錦戸亮の印象」「いつまで清純派?」の声……ベッドシーン未遂に批判、大幅キャラ変も?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!