NEW

【新台P情報】11/5週パチンコ「超・出玉」対決が勃発!『究極神判』『バイオハザード』徹底比較!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月にデビューするパチンコの中で「圧倒的出玉性能」を誇る機種が存在する。

 その性能は現行スペック最高峰。導入される5日からの週は、強烈な「出玉決戦」が勃発しそうな気配だ。

 まずは、現行機最後の「モンスターマシン」と評され注目を集めている新機種。その出玉性能を「旧MAX機に匹敵するレベル」と評価する関係者は多い。

『FEVER BIOHAZARD REVELATIONS(バイオハザード リベレーションズ)』(SANKYO)

【新台P情報】11/5週パチンコ「超・出玉」対決が勃発!『究極神判』『バイオハザード』徹底比較!!の画像1SANKYO HP」より

・大当り確率:1/319.7→1/138.8
・確率変動:突入率40%・継続率65%
・賞球数:4&1&4&15
・時短回数:100回
・ラウンド:4Ror16R
・最大出玉:2400発

 他メーカーから発売されていた『BIOHAZARD』パチンコ最新作は、2018年も好調のSANKYOから登場する。

 大当り確率約1/319で、確変突入率40%(電チュー入賞時65%)のV確ループタイプ。「2400のその先へ」と銘打つように、2400発を搭載した仕様となっている。

 最大の特徴は「最高峰」と評される電チュー時の性能だ。ヘソからの突入率を下げた(確変突入率は40%)ことで、確変継続時の出玉「オール2400発」を実現した。

「65%で16R(2400発)+確変」という仕様は、間違いなくトップクラスの破壊力。仮に残り35%の通常2Rを引いたとしても、必ず時短100回を付与されるなど、安定した要素も備わっている。

「旧MAX機に匹敵するレベル」との声が上がることにも納得だ。強烈な出玉性能を武器に、快進撃を見せられるかに注目だ。

【新台P情報】11/5週パチンコ「超・出玉」対決が勃発!『究極神判』『バイオハザード』徹底比較!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!