NEW

JRA「すでに最強」アーモンドアイはジャパンCで勝てる理由……「圧倒的好条件」と「ライバル最初から消滅」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「すでに最強」アーモンドアイはジャパンCで勝てる理由......「圧倒的好条件」と「ライバル最初から消滅」の画像1

 すでに「現役最強」の称号を与える声すらもある、史上5頭目の三冠牝馬アーモンドアイ(牝3 美浦・国枝栄厩舎)。

 桜花賞・オークス・秋華賞といずれも圧倒的な内容で制しており、過去の三冠牝馬と比較してもそのパフォーマンスは抜きん出ている。さらに、春の2冠ではリリーノーブルとラッキーライラックとともに上位を独占するなど、世代トップクラスのレベルは決して低くはないことも見えている。その中でのレベルの違う走りに「これは最強」という声が出るのも自然だ。

 厳密に「最強」を名乗るのならば、古馬や牡馬との対戦での勝利は必須事項。しかし、その前から最強の称号を得ている理由もいくつかある。

 1つは、現在の古馬戦線がよくいえば「群雄割拠」、悪くいえば「団子」状態で、突き抜けた馬がいない点だ。春時点ではNo.1と目されていたスワーヴリチャードも、先日の天皇賞・秋(G1)で出遅れもあり惨敗している。

 シルクレーシング代表の米本氏が「秋にもう一戦使うとなると、ジャパンCが有力」と、アーモンドアイの次なる目標は、大方の予想通りジェンティルドンナに次ぐ「3歳牝馬四冠」狙いの可能性が高い。その最大の障壁になるはずだったスワーヴリチャードが危うさを見せ、天皇賞2着のサングレーザーはマイル路線に、3着キセキも復調したとはいえアーモンドアイほどのスケールはない。ジャパンCならば斤量は53キロ。こちらも非常に有利な条件だ。

JRA「すでに最強」アーモンドアイはジャパンCで勝てる理由……「圧倒的好条件」と「ライバル最初から消滅」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!