NEW

JRA「沈みがち」テイエムジンソクの再起は!? JBCクラシックがラストチャンスか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「沈みがち」テイエムジンソクの再起は!? JBCクラシックがラストチャンスかの画像1

 4日のJBCデーのメインレースJBCクラシック(Jpn1、ダート1900m)。G1・2勝のケイティブレイブやフェブラリーSの覇者ノンコノユメ、素質十分のオメガパフュームなど、楽しみなメンバーが顔を揃えた。そしてこの1戦で復活が期待されているのが、テイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)だ。

 勝ち味に遅かったテイエムジンソク。だが、昨年の夏に現在も主戦を務める古川吉洋騎手とコンビを結成後、怒涛の3連勝を達成。その後もみやこS(G3)でエピカリスらを抑えて重賞初制覇を果たすと、続くチャンピオンズカップ(G1)では勝ち馬ゴールドドリームにクビ差まで迫る激走。翌年以降の活躍に期待を抱かせた。

 そして今年の始動戦となった東海S(G2)でも、危なげなく重賞2勝目をゲット。悲願のG1競走制覇に向けて絶好のスタートを切ったように思えたテイエムジンソクだったが、快進撃もここまで。2番人気に支持されたフェブラリーSでは12着と惨敗し、平安S(G3)、帝王賞競走(G1)では2戦連続で6着と、いままでの走りが嘘のように凡走を繰り返していた。

「前々走の帝王賞では果敢にハナを奪ったものの、1000m通過タイムが59.9秒。大井のダートは中央より『重い』ということを考えれば、これはハイペースというよりも暴走に近いです。結局、直線に入ったところで後続に交わされ敗戦。このように前に出ようとするあまり自滅するというのがテイエムジンソクの最近の負けパターンになっていました。

 ですが、休養明けとなった前走の日本テレビ盃(G2)では4着と久しぶりに掲示板に載っています。競ってくる馬がいなかったこともありますが、ハナを奪いつつも自分のペースで走り切ることができていたようにも思えました。結果こそ4着とあまり奮いませんでしたが、鞍上の古川騎手も『いいときに戻りつつある』とコメントしていますし、見失っていた”自分の競馬”を取り戻しつつあるのではないでしょうか?」(競馬記者)

JRA「沈みがち」テイエムジンソクの再起は!? JBCクラシックがラストチャンスかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!