NEW

【JBCクラシック(G1)】JRA開催は余裕の「1点」馬券!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とは……ジェームスT決意の「JBC」3本勝負!!

【この記事のキーワード】, , ,

 11月4日(日)のJBCクラシック(G1)に「鉄級」の勝負馬を発見。「現場情報至上主義・ジェームスT」が、入手した「有力関係者ネタ」から渾身の「1点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは今年のフェブラリーS(G1)を制したノンコノユメ(セ6、美浦・加藤征弘厩舎)だ。

【JBCクラシック(G1)】JRA開催は余裕の「1点」馬券!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とは......ジェームスT決意の「JBC」3本勝負!!の画像1

 セン馬になってからは案外な結果が続いていたが、今年の始動戦である根岸S(G3)から状況は一変。強烈な末脚でライバルたちをごぼう抜きし、2年以上ぶりの勝利を収めることに成功した。

 続くフェブラリーSも直線一気の差し切り勝ち。昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームを蹴散らし、待望のJRA・G1の栄冠を掴んだ。

 その後は勝利こそ収めていないが、2戦連続で掲示板を確保と大きく崩れてはいない。陣営も「前走は出遅れて4着だったけど、最後は差を詰めていたし内容は悪くない」と全く気にしてはいない様子。状態面にも不安が感じられないココは問答無用の◎だ。

「前走から間隔は開いていないけど、馬の状態を気にしながら調整を進めてきたみたい。予定通りに仕上がったという印象かな。終いを活かす展開になるのが理想だけど『JRAの馬も多く出走するしペースは流れてくれるはず』と色気十分。ココでの好走を期待している。

京都コースは初となるけど『条件は悪くない』と強気。持ち味である末脚で直線一気を狙っているよ。実績も十分だし間違いなく無視することはできないね」(競馬関係者)

「〇」には地方交流重賞8勝をマークしているケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)をあげたい。

【JBCクラシック(G1)】JRA開催は余裕の「1点」馬券!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とは......ジェームスT決意の「JBC」3本勝負!!の画像2

 2月のフェブラリーSこそ11着に敗れたものの、昨年のダートの頂上決戦・帝王賞(G1)だけではなく川崎記念(G1)やダイオライト記念(G2)を勝利と、その実力は疑いようがない。前走の日本テレビ盃(G2)も圧勝するなど、このメンバーの中でも抜けた存在と言えるだろう。

「状態も不安はないね。『前走は楽な競馬だったので疲労はない。休み明けという感じだったけど、状態も一気に上向いている』と陣営のトーンは高いよ。前走の勝ちっぷりに福永(祐一騎手)も手応えを掴んだ様子。『王道の競馬をしても、しっかりと勝ち切れるようになった』と自信に満ち溢れていた。あらゆる面に不安は感じられないし崩れることはないと思うよ」(競馬関係者)

JBCクラシック(G1)は8番ケイティブレイブと9番ノンコノユメの馬連「1点」勝負。ケイティブレイブは人気を集めそうだが、1点に「厚く張る」ことで大きな利益を得たいところだ。

【JBCクラシック(G1)】JRA開催は余裕の「1点」馬券!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とは……ジェームスT決意の「JBC」3本勝負!!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技