NEW

JRA・AR共和国杯(G2)決意の関係者「2点」勝負! 狙うはあの「名物馬」と「意外性」?

【この記事のキーワード】, ,
JRA・AR共和国杯(G2)決意の関係者「2点」勝負! 狙うはあの「名物馬」と「意外性」?の画像1

 11月4日(日)に東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(G2)が開催される。

 地味な印象が強いが、過去には今年の大阪杯(G1)覇者スワーヴリチャード、2015年の有馬記念(G1)を制したゴールドアクターや、2008年のジャパンC(G1)で優勝したスクリーンヒーローなどG1馬を輩出している。今年もこれから開催される大一番で好走を狙う馬たちが集結した。

 このレースに「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。入手した有力「現場」情報から選んだ、究極の「3頭」で狙っていきたい。

 本命「◎」にあげるのはアルバート(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

JRA・AR共和国杯(G2)決意の関係者「2点」勝負! 狙うはあの「名物馬」と「意外性」?の画像2

 ステイヤーズSを3連覇、ダイヤモンドS優勝、アルゼンチン共和国杯で2着とG2、G3の長距離戦を得意とする名ステイヤーであるアルバート。今年に入ってからはあまり成績が振るっておらず、高齢であるため引退も囁かれていた。だが、前走の京都大賞典(G2)では3着入線。中長距離戦では現役屈指の力を秘めていることを証明している。

「ベテランの粋に達してきますが、稽古を見ているとさして衰えを感じることはないですし、元気一杯。老いてなお盛んという感じすらあります。

 前走後は放牧には出されず、厩舎で調整を続けていました。最終追い切りでは僚馬と併せ馬を行い、1馬身後方から追走して併入。4F53秒0-12秒3を記録しています。軽やかな動きを見せていて、一叩きした上積みも大きいですね。トップハンデの58.5kgを背負うことになりますが、これは昨年から据え置き。前回は4着でしたが、今年は相手次第でさらに上位進出も見込めるはずです」(競馬記者)

 中長距離路線の古豪は意地を見せることができるのだろうか?

JRA・AR共和国杯(G2)決意の関係者「2点」勝負! 狙うはあの「名物馬」と「意外性」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ