NEW

C.ルメール騎手「何故」G1を勝てるのか?元JRA騎手・佐藤哲三氏が語る「日本人騎手のモロさ」と外国人騎手が勝てる理由

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール騎手「何故」G1を勝てるのか?元JRA騎手・佐藤哲三氏が語る「日本人騎手のモロさ」と外国人騎手が勝てる理由の画像1

 3週連続G1制覇など今、絶好調のC.ルメール騎手。ここまで年間G1最多タイの6勝を含む重賞18勝、特に秋競馬が開幕した9月以降で10勝と、競馬界はまさに「ルメールの秋」を迎えていると述べても過言ではないだろう。

 先週の天皇賞・秋(G1)も、史上2番目の高速決着をレイデオロと共に正攻法で押し切ったルメール騎手。現在177勝と年間200勝の大台、そして武豊騎手が持つ年間最多勝212勝の更新も視野に入っており、競馬ファンにとっても「とりあえず馬券はルメールから」というのが大前提になりつつある。特に大レースでは、その傾向が顕著だ。

「ここ一番で勝てる騎手と、勝てない騎手。」では、一体何が違うのか。そして、ルメール騎手は何故あれだけ勝てるのか――。

 無論、様々な要素が複合的に絡み合った結果であるに違いないが、その一端を元JRA騎手の佐藤哲三氏が『netkeiba.com』で連載中の『哲三の眼!』で語っている。

「予想していたよりもペースが遅くて……」

 先々週の菊花賞(G1)は、極端なスローペースによって近年でも稀に見る遅い時計での決着となった。レース後、多くの騎手がペースを敗因に挙げていたことが印象的だったが、その一方で勝ったフィエールマンのルメール騎手や、ハナ差の接戦に持ち込んだエタリオウのM.デムーロ騎手は異常なペースに惑わされず、馬の能力を存分に発揮させていたように見えた。

「イメージよりもペースが流れて……」

 また、冒頭で触れた通り、先週の天皇賞・秋は菊花賞とは打って変わってのハイペース。結果的に、史上2番目の高速時計で決着するハイレベルなレースとなった。ただ、そこでも多くの騎手たちが「想定していたよりも速い流れにやられた」というようなことを口にしている。しかし、勝ったのはまたもルメール騎手だった。

C.ルメール騎手「何故」G1を勝てるのか?元JRA騎手・佐藤哲三氏が語る「日本人騎手のモロさ」と外国人騎手が勝てる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦