NEW

武豊「交流G1完全制覇」へ”威圧”逃げ!? 誰も競り掛けない”暗黙の了解”「キタサンブラック伝説」再び?

【この記事のキーワード】, , ,
武豊「交流G1完全制覇」へ威圧逃げ!? 誰も競り掛けない暗黙の了解「キタサンブラック伝説」再び?の画像1

 4日に京都競馬場で開催されるJBCレディスクラシック(G1)。有力馬の1頭プリンシアコメータ(牝5歳、美浦・矢野英一厩舎)に騎乗する武豊騎手にとっては、交流G1完全制覇の大記録が懸かっているだけに、ここは何としても勝ちたい一戦になりそうだ。

 昨年のJBCレディスクラシックはプリンシアコメータ陣営にとって、そして武豊騎手にとってもモヤモヤした敗戦だった。

 最後のゴール前、インから粘り込みを図ろうとしていたプリンシアコメータに、ララベルが大きく斜行。馬体を併せる形になったが、ララベルが寄り掛かってくるあまり満足に追えないままゴールとなってしまった。結局、ララベルが地方馬として初の優勝を飾り、プリンシアコメータはクビ差の2着。レース後、武豊騎手も「着差が着差だっただけに、あの不利がなければ……」と嘆き節だったという。

 なお、ララベルに騎乗していた大井の真島大輔騎手は騎乗停止分になったものの、着順の変更はなかった。

 あれから1年、再びチャンスが巡ってきた。プリンシアコメータが関東馬ということもあって、武豊騎手が騎乗するのはちょうど1年ぶりとなるが、陣営としても昨年の借りを返してほしいという思いは強いに違いない。

「前走のレディスプレリュード(G2)で勝利に導いたJ.モレイラ騎手が今週は不在ということで、改めて武豊騎手に白羽の矢が立ったようです。当然『今年こそ』という思いはあるようですが、陣営は京都開催をあまり歓迎していない様子……。

というのも輸送に弱い面があるらしく、関係者も『昨年の大井なら近くてよかったけど、今年は……』と感触はイマイチとのこと。実際に今年の平安S(G3)でも、ほとんど見せ場を作れないまま大敗(11着)している通り、前日輸送ながら京都への遠征は明らかにマイナス面が大きいようです」(競馬記者)

武豊「交流G1完全制覇」へ”威圧”逃げ!? 誰も競り掛けない”暗黙の了解”「キタサンブラック伝説」再び?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?