NEW

フジテレビ『みんなのKEIBA』放送事故連発に呆然!? 超大穴・地方馬「シュテルングランツ先頭!」の”迷実況”にファン辟易……

【この記事のキーワード】, ,
フジテレビ『みんなのKEIBA』放送事故連発に呆然!? 超大穴・地方馬「シュテルングランツ先頭!」の迷実況にファン辟易......の画像1

 4日、史上初めて中央の京都競馬場で行われたダート競馬の祭典JBC開催。

 JBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックとG1(級)レースが3連発とあって、その内2レースを中継した制作側にも気合が入っていたのだろうか……。『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)を始めとした競馬中継の”気合”が終始空回りしていたと、ファンの間で話題になっている。

 メインレースのJBCクラシックの発走時間が迫り、各馬が本馬場入場となったところで人気の一角テイエムジンソクと主戦の「フルキチ」こと古川吉洋騎手が画面に姿を現した。

 だが、番組内では「古川古洋」とテロップが……確かに「吉」と「古」は文字としては似ているが、これでは「フルキチ」ではなく「フルフル」である。レースも14着と大敗しており、なんとも縁起の悪い紹介となってしまった。

 気を取り直してレーススタート。実況を担当したのは石田一洋アナウンサーだ。

 レースは1番人気のサンライズソアがハナに立ったとあって、各馬が早めに動き出す。1000m通過は61秒と前の馬にとっては厳しい展開となったが、石田アナは「平均からややスローなのかどうか」と、なんともあやふやなペース判断……だが、この程度はまだかわいいものだった。

 各馬が第4コーナーを回って最後の直線に入り、レースはクライマックスに差し掛かる。

 先頭は相変わらず、逃げた1番人気のサンライズソアとルメール騎手だ。しかし、石田アナはあろうことか「さあ、先頭はここで的場文男とシュテルングランツ!」と実況……穴党は一気にボルテージが上がったことだろう。何せ、シュテルングランツは単勝173.5倍の12番人気である。

「地方の夢を乗せて、的場の背中が踊りだす!シュテルングランツ先頭!!」

フジテレビ『みんなのKEIBA』放送事故連発に呆然!? 超大穴・地方馬「シュテルングランツ先頭!」の”迷実況”にファン辟易……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技