NEW

パチスロ『HEY!鏡』も霞む「関係者"ベタ褒め"」の神作!? 「6号機の未来を変える?」注目の新機種に迫る!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『HEY!鏡』も霞む「関係者ベタ褒め」の神作!? 「6号機の未来を変える?」注目の新機種に迫る!!の画像1

 先月リリースされたパチスロ6号機AT第一弾『HEY!鏡』(大都技研)。出玉規制後"一発目"の新台ということもあり、前評判はあまり高くなかった本機だが、稼働状況は"良好"という印象だ。

 だが、業界関係者から不安視されていたことも事実である。業界コンサルタント会社『グローバルアミューズメント』は今年7月、号外版「データCOMPASS第29号」にて『HEY!鏡』の分析結果を発表。5号機『押忍!番長3』を比較対象に挙げ、「この機種は厳しいと思います」と低評価を下していた。

「楽しい時間が一瞬で終わる"修行台"」「ホールは高設定が使いづらい」

 この分析結果で、スペック面に関するあらゆる問題点を列挙。同社独自の試算値を元に機種評価していることもあり、説得力は十分といえる。今のところ、ホールでの人気は"分析通り"になっていないが......不安要素があることは間違いなさそうだ。

 その一方で、今月にリリースされるアノ6号機への評価は非常に高い。「無理ゲーを感じにくい」「市場に大きな影響を与える1台になる?」と大絶賛。それを見たプレイヤーからも期待の声が相次いでいる状況だ。

『HEY!鏡』を超えるそのマシンは一体......。

パチスロ『HEY!鏡』も霞む「関係者"ベタ褒め"」の神作!? 「6号機の未来を変える?」注目の新機種に迫る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機HEY!鏡パチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!