NEW

韓国BTS(防弾少年団)を椎名林檎は「黙殺」? 「一触即発」ではなく「相手にもされない」悲しさ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国BTS(防弾少年団)を椎名林檎は「黙殺」? 「一触即発」ではなく「相手にもされない」悲しさの画像1

 韓国のアイドルグループ・BTS防弾少年団)の9日『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)ならびに「紅白内定」報道が物議を醸している。

 以前、BTSのメンバーが「原爆バンザイTシャツ」を着用したことでネットが炎上。「原爆が日本に落ちたことを工程している」と物議を醸しました。実際に本人はそれと知らずに着ていたようだが、スタッフたちの知識や教養がなかったのも事実といえる。その上今は元徴用工訴訟の問題で日韓関係そのものがピリピリ状態。あまりにもタイミングが悪い。

 そんな中9日に迫る『Mステ』だが、一部報道ではある日本人アーティストとの共演が話題になっている。

 それが椎名林檎だ。一部報道では「椎名は愛国心が強そうな『NIPPON』という曲を出した際に物議を醸した、BTSを許せないのでは」「ナショナリズムが強いだけに一触即発」という内容だ。

 確かに『NIPPON』はジャケットが日の丸だったりと一見そうしたものに見えなくもないが、本人の意志が本当にそうだったのかといえば微妙らしい。

「椎名さんは以前『withnews』で『NIPPON』に関する文句に対し『大戦中でもないのに、右か左かと問うのはナンセンス』『思いもしなかった』と、右よりの意図を否定しています。そもそも『縁がない人たちがおっしゃってる、というだけ』と突き放してもいますしね。サッカーワールドカップのテーマソングで、必死な様子を伝えるために歌詞がそうなったのだとか。特段気にもしていないようです。

韓国BTS(防弾少年団)を椎名林檎は「黙殺」? 「一触即発」ではなく「相手にもされない」悲しさのページです。GJは、エンタメ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!