NEW

JRAデムーロ騎手「取材拒否」!? エリザベス女王杯(G1)モズカッチャン最大の課題は主戦騎手の”イライラ”か……

【この記事のキーワード】, ,
JRAデムーロ騎手「取材拒否」!? エリザベス女王杯(G1)モズカッチャン最大の課題は主戦騎手のイライラか......の画像1

 11日に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)は、昨年に続く連覇の懸かるモズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)にとっては負けられない戦いになりそうだ。

 出走して来れば大本命間違いなしの今年の牝馬三冠馬アーモンドアイが不在、それに加えて前哨戦の府中牝馬S(G2)を勝った昨年の秋華賞馬ディアドラまで香港遠征に回ったとなれば、ここでは抜けた存在。大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想でも堂々の1番人気に想定されている。

 前走の札幌記念(G2)は3着に敗れてしまったが、着差はわずかハナ+アタマ差。それも勝ったサングレーザーは今秋の天皇賞(G1)で2着に好走。陣営は「今回が今年で一番いい」と札幌記念以上の状態であることを強調しており、いよいよ連覇に向けて視界良好だ。

 ただ、最大の問題は主戦M.デムーロ騎手の”心理状態”か。

 先月27日に行われたスワンS(G2)。最大のライバル、C.ルメール騎手のモズアスコットとの大接戦をハナ差で競り勝って重賞制覇。6月のユニコーンS(G3)を勝って以来続いていてJRA重賞の連敗を止め、G1を4勝した昨秋のような「デムーロの季節」の到来を予感させた。

 しかし、1番人気だったスワーヴリチャードで挑んだ翌日の天皇賞・秋では、ゲートでやや立ち遅れると、スタート直後に両隣から”サンドイッチ”を食らい万事休す……まったく見せ場のないまま10着に大敗し、デムーロ騎手も「スタートでぶつけられて、それで終わった」と”恨み節”を口にする他なかった。

 さらに翌週の京王杯2歳S(G2)でも、単勝1.7倍の1番人気アウィルアウェイに騎乗しながらも2着。それもハナ差の接戦で敗れた相手は、天皇賞のスタート直後にタックルをお見舞いされた武豊騎手である。

JRAデムーロ騎手「取材拒否」!? エリザベス女王杯(G1)モズカッチャン最大の課題は主戦騎手の”イライラ”か……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ