NEW

JRAオジュウチョウサン「ジャパンC参戦」武豊は? 一線級相手には不安も大

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAオジュウチョウサン「ジャパンC参戦」武豊は? 一線級相手には不安も大の画像1

 3日に東京競馬場で行われた南武特別(1000万下)を勝利した障害最強馬オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一厩舎)。同馬がジャパンカップに参戦する意向があることを管理する和田調教師が「サンスポ」に明かした。記事によれば和田調教師は、疲れはレースの数日後に出るものだといい、あくまでも「大きな変化がなければ」と今後の様子次第だと前置きしつつ、「オーナーの希望もあり、(ジャパンC)挑戦ということになるでしょう」と語った。

 平地復帰2戦目となる南武特別でオジュウチョウサンは3番手の好位でレースを進め、最後の直線で力強く抜け出すと後ろから脚を伸ばしてきたブラックプラチナムの猛追を半馬身しのいで優勝。今後の大一番に向けて弾みをつけていた。

 先日『スポーツ報知』のインタビューに応じた長山尚義オーナーは戦前、「今度も通過点だよ。この辺で問題になるようなら、有馬記念なんて言えないよ」とオジュウチョウサンの必勝を宣言していた。そして最後に「南武特別の後に、ひとつくらいレースを使う可能性があるけど、あくまで私が目指しているのは有馬記念」と大目標の前にステップを踏むことを示唆していた。

「12月のステイヤーズS(G2・3600m)で重賞に挑戦をするかと思いきや、まさかジャパンカップとは......。驚きましたね。

 長山オーナーはおそらく誰よりもオジュウチョウサンの能力を信じているのでしょう。先のインタビューでは『一線級とぶつけてみたい』とも語っていました。大目標が有馬記念であることは変わらないものの、今回も勝利したこともあり、いち早く同馬の能力が上のクラスでも通じることを証明したくなったのかもしれません」(競馬誌ライター)

 ジャパンCのフルゲートは18頭。格上挑戦になるため、枠がオープン馬で埋まってしまえばオジュウチョウサンの参戦は不可能となる。だが、現時点で出走を予定し、かつオジュウチョウサンよりも上のクラスの馬は12頭前後だと考えられている。そしてジャパンカップには多くの外国馬が予備登録をしているが、この馬たちが相次いで回避を表明すれば条件面では参戦できる可能性も高い。

JRAオジュウチョウサン「ジャパンC参戦」武豊は? 一線級相手には不安も大のページです。GJは、競馬、オジュウチョウサンジャパンカップ武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!