NEW

JRAルメール「5週連続G1勝利」へエリザベス女王杯(G1)も盤石!? 秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋に続く「必勝の方程式」とは

【この記事のキーワード】, , ,
JRAルメール「5週連続G1勝利」へエリザベス女王杯(G1)も勝利確定!? 秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋に続く「必勝の方程式」とはの画像1

 世の中「長い物には巻かれろ」とはよく言ったものだが、今週も「絶好調男」C.ルメール騎手を信頼して良さそうだ。

 11日に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)。現在、「4週連続G1制覇」という快進撃を見せているルメール騎手の相棒は、紫苑S(G3)を3馬身差で圧勝した3歳馬のノームコア(牝3歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

「紫苑S組はG1では通用しない」などと言われたのも今は昔。一昨年に2着馬のヴィブロスが本番の秋華賞(G1)を勝つと、昨年はディアドラがトライアルと本番を連勝。それら2頭と比較しても、遜色ないほど強い競馬で”出世レース”を制したのがノームコアだ。

「何といっても紫苑Sの勝ち時計(レースレコード)が素晴らしい。開幕週で絶好のコンディションだったことは確かですが、3歳牝馬による中山2000mで1:58.0は価値があると思います。ルメール騎手も『春より走る。すごく良くなったんだと思う』と絶賛していましたよ。

3着だったランドネとは0.6秒差でしたが、これは6着だった秋華賞での勝ち馬アーモンドアイと同じタイム差。単純な比較はできませんが、もしノームコアが出走していれば上位争いをしていた可能性は高いと思います」(競馬記者)

 この秋、ルメール騎手は重賞11勝と毎週のように大レースを勝ちまくっている。ちなみに9月の秋競馬開幕以降の重賞成績は[11.3.2.3]。勝率57.9%、連対率73.7%、馬券圏内84.2%と、まさに神懸っている状況だ。

 その原動力となっているのが、日本競馬を支配する社台グループとの密な連携に他ならない。

JRAルメール「5週連続G1勝利」へエリザベス女王杯(G1)も盤石!? 秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋に続く「必勝の方程式」とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々