NEW

JRA三冠牝馬アーモンドアイ「JC回避」も!? 最強女王が”タダもらい”同然のエリザベス女王杯(G1)に出走しなかった理由

【この記事のキーワード】, , ,
JRA三冠牝馬アーモンドアイ「JC回避」も!? 最強女王がタダもらい同然のエリザベス女王杯(G1)に出走しなかった理由の画像1

 11日に京都競馬場で開催される今年のエリザベス女王杯(G1)は、昨年の覇者ながら今年未勝利のモズカッチャンが1番人気に推されそうな、やや寂しいメンバーとなりそうだ。

 1996年の古馬開放以降、現役「最強女王決定戦」の位置付けで行われているエリザベス女王杯。その醍醐味は何といっても歴戦の古馬VSフレッシュな3歳馬というところにあるが、今年はわずか2頭だけと、世代を代表するような3歳馬の参戦がない。

 だが、牝馬三冠の桜花賞(G1)、オークス(G1)、秋華賞(G1)をアーモンドアイが圧倒的な強さで総なめにしてしまったのだから、それも仕方がない。すでに現役最強とさえ呼び声高い最強女王の姿がなければ、3歳馬が迫力を欠いてしまうのも当然だ。

 しかし逆に述べれば、仮にここにアーモンドアイが出走していれば、モズカッチャンらを抑えて圧倒的な1番人気に支持されていたに違いない。 

 いや、昨年のエリザベス女王杯以降、強敵相手とはいえ1度の連対さえないモズカッチャンが1番人気になるような相手関係であれば、アーモンドアイが「世代交代」を告げる可能性はかなり高かったといえるだろう。この三冠牝馬はすでに「史上最強クラス」と評され、予定されているジャパンC(G1)でさえ1番人気が予想されている大器だ。

「もし、今週のエリザベス女王杯に出走していれば単勝1倍台は確実。おそらくは単勝1.5倍を下回るような圧倒的な人気になっていたと思います。

アーモンドアイは過去の三冠牝馬の中でも、最も楽に三冠を成し遂げた存在。すでにG1を7勝したジェンティルドンナらを始めとした歴代牝馬三冠馬の中でも『最強』と評価する評論家も少なくありません。もしも今週のエリザベス女王杯に出走していれば『タダもらいも同然』といえるほど、現役牝馬の中では力の抜けた存在だと思います」(競馬記者)

 確かにアーモンドアイを応援するファンの中には、かなりの可能性で勝てそうな今週のエリザベス女王杯を回避したことに「もったいない」という声もある。

JRA三冠牝馬アーモンドアイ「JC回避」も!? 最強女王が”タダもらい”同然のエリザベス女王杯(G1)に出走しなかった理由のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声