NEW

JRA「復活へ」サトノダイヤモンド×モレイラ! 川田将雅はあの名コンビ継続か

【この記事のキーワード】, ,
JRA「復活へ」サトノダイヤモンド×モレイラ! 川田将雅はあの名コンビ継続かの画像1

 11月25日に東京競馬場で開催されるジャパンカップ。前走で復活の兆しを見せたサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)も出走予定だが、そのレースの鞍上をJ.モレイラ騎手が務めると話題になっている。

 サトノダイヤモンドは昨年、欧州遠征に挑戦するも大敗。今年、国内復帰戦となる金鯱賞(G2)では勝ち馬スワーヴリチャードから0.3秒差の3着とG1馬としての意地も見せたものの、大阪杯(G1)は3番人気ながら7着、宝塚記念では堂々の1番人気に支持されるも0.8秒差の6着と惨敗していた。

 そして夏の休養を経て向かった京都大賞典(G2)。新たに川田将雅騎手を鞍上に迎えたサトノダイヤモンドは、道中8番手で追走。3角で外に出されるとスーッと上がり、4番手で最後の直線を迎えた。残り300mで先頭に立ったサトノダイヤモンドは後方から脚を伸ばしてきたレッドジェノヴァ、アルバートらの猛追を凌いでゴール。昨年の阪神大賞典(G2)以来、約1年半ぶりの勝利を飾っていた。

「レース後、川田騎手は『中間は一緒に日々を過ごしていました』と語っています。また管理する池江調教師も『東京スポーツ』の取材に『普段から川田騎手がいろいろとやってくれている』と労ねぎらうコメントを寄せるなど、二人三脚でレースの準備を行っていました。この川田騎手の献身的姿勢も復活勝利の一因だったはずです。

 それにもかかわらず、モレイラ騎手に乗り替わりというのは、ちょっと気の毒な気がしますね。本人も『ジャパンCまでに状態が戻ってくればと思っていたので』と話したこともあり、今後も依頼があれば手綱を握るつもりでいたでしょうから」(競馬誌ライター)

JRA「復活へ」サトノダイヤモンド×モレイラ! 川田将雅はあの名コンビ継続かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?