NEW

JRA絶望……? ジャパンC(G1)「外国馬1頭」可能性の衝撃。「ガラパゴス」日本競馬で役割終了か

【この記事のキーワード】, ,
JRA絶望......? ジャパンC(G1)「外国馬1頭」可能性の衝撃。「ガラパゴス」日本競馬で役割終了かの画像1

 11月後半に開催されるジャパンC(G1)は、国内最高額となる1着賞金3億円、東京2400mで「日本のトップホースが集結」。そして「外国馬から来た猛者たちと激突」する点が最大の見どころだ。一応。

 無論、前者に関してはある程度の格は保っている。過去にも「国内最強決定戦」として数多くの伝説的なレースが展開されてきた。今年も牝馬三冠を達成したアーモンドアイが参戦を予定しており、国内の古馬牡馬と初めて相対するという楽しみはある。

 ただ、国内最高のレースとして、今年はどう見積もっても「お寒い」状況になりそうだ。

「現在、出走する日本馬は12頭程度では、といわれています。ジャパンCの前に開催されるビッグレースは天皇賞・秋ですが、勝ち馬レイデオロは主戦のC.ルメール騎手がアーモンドアイ騎乗により有馬記念を次走に設定。2着サングレーザーには2400mは長く香港Cを見据えるとか。3着キセキが出走するくらいです。同レースを大敗したスワーヴリチャード、マカヒキ、昨年覇者シュヴァルグランなどもいますが、メンバー構成を見ると『アーモンドアイの楽勝では』とすでに囁かれています。いわゆる『ノーザン系クラブ馬の使い分け』も影響しているでしょうね。

また、さらにJRAが頭を抱えそうなのが『外国馬』。予備登録段階では今年の愛ダービー馬カプリ、仏ダービー馬スタディオブマン、今年のフォワ賞1着ヴァルトガイストなど28頭の登録がありましたが、米・豪の登録馬も含めほぼすべて出走表明がないとのこと。

現状、唯一極めて前向きなのが英国のサンダリングブルーですが、せん馬の4歳で、今年ようやくG2、G3を1勝ずつ勝ったのみで、カナディアンインターナショナルS(G1)2着が直近の実績で目立つ程度。仮にサンダリングブルーのみの参戦となったら、12~13頭立て……レースの規模を考えると寂しすぎますね」(競馬ライター)

JRA絶望……? ジャパンC(G1)「外国馬1頭」可能性の衝撃。「ガラパゴス」日本競馬で役割終了かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点